舞踊・バレエ

【新国立劇場 2011/2012シーズン ダンス】オープニング公演

中村恩恵×首藤康之 Shakespeare THE SONNETS

新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2011/09/30 (金) ~ 2011/10/01 (土) 公演終了

上演時間:

今回新国立劇場では、中村恩恵と首藤康之がシェイクスピアの『ソネット』を現代の視点で読みなおしたデュオ作品を新制作します。
豊かな芸術性を持つ二人のアーティストが作り出す豊かな空間は、幅広いお客様にダンスをお楽しみいただける機会となるでしょう。

シェイクスピアのソネットは愛の詩です。輝か...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/09/30 (金) ~ 2011/10/01 (土)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 中村恩恵、首藤康之
演出 中村恩恵、首藤康之
振付 中村恩恵
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 6,300円
【発売日】2011/06/18
S席 6,300/A席 5,250/B席 4,200/C席 3,150
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/dance/20000458_dance.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 今回新国立劇場では、中村恩恵と首藤康之がシェイクスピアの『ソネット』を現代の視点で読みなおしたデュオ作品を新制作します。
豊かな芸術性を持つ二人のアーティストが作り出す豊かな空間は、幅広いお客様にダンスをお楽しみいただける機会となるでしょう。

シェイクスピアのソネットは愛の詩です。輝かしい喜び、甘美な心の動き、優しさ、そして失うことの恐れや、嫉妬、猜疑心や諦め、苦悩……。多くの感情が表現されて、読む者の心をぐっと掴みます。遠く昔に生きたイギリスの詩人の心の動きが、まるで自分自身の心の動きと重複するような気持ちになります。
この謎めいた詩をめぐっては、さまざまな解釈がなされていますが、今回の作品ではその神秘性を追求するのではなく、あえて大切にしつつ、二人で様々な試みや思考を重ね、煩雑に複雑に繋がってくる創作過程の中、骨格のみが立ち現れてくるまで削ぎ落とす入念な作業を通じて、これだけは削れないという人間の共通分母に出会うことができることを期待して、創作を進めていきたいと思います。

中村恩恵
首藤康之
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/06/12 21:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/06/12 21:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大