spelling09『縁の鵺(よすがのぬえ)』

0 お気に入りチラシにする

VARNA -The Another Words-

TACCS1179(俳協ホール)(東京都)

2011/07/28 (木) ~ 2011/07/31 (日) 公演終了

上演時間:

その街はまだ、ガス灯の明かりが闇夜を昼にする事もなく、蒸気機関車の物珍しさに 人々が集まる、古いと新しいが入り交じった「混沌の時代」の真っ直中にありました。 何処ぞの川辺で狐に化かされただの、あの屋敷には化け物が出るなんていう噂を 真面目な顔をして口にしていた時代の話。西洋帰りの者は、そんな噂...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/28 (木) ~ 2011/07/31 (日)
劇場 TACCS1179(俳協ホール)
出演 貝沼大介、日高ゆい、穴井竜次、倉持陽一、椎名悦子、谷口明日菜、七瀬美菜、工藤沙緒梨、山崎ゆりか
脚本 乾裕子
演出 阿辻直也
料金(1枚あたり)
【発売日】2011/06/01
前売り2800円
当日3000円
サイト

http://www.varna.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 その街はまだ、ガス灯の明かりが闇夜を昼にする事もなく、蒸気機関車の物珍しさに 人々が集まる、古いと新しいが入り交じった「混沌の時代」の真っ直中にありました。 何処ぞの川辺で狐に化かされただの、あの屋敷には化け物が出るなんていう噂を 真面目な顔をして口にしていた時代の話。西洋帰りの者は、そんな噂話を 「非科学的だ」だと馬鹿にしていたものです。 古いと新しいが、伝統と流行が一体となり「帝都」は歪な夜を描いていたのかも知れません。
「生きるという事は「生き残る」という事だ。ただ与えられるものではない」
その「医者」を知っているか?あらゆる病を治療し、失われた命さえも取り戻すと言われる 「医者の話」を聞いた事があるか?大きな籠(かご)を一つ担ぎ、東に病気の子供がいれば、 行ってたちどころに治してみせ、西に瀕死の女がいれば、行ってその命に再び火を灯す。 病に怯える者、怪我に苦しむ者、失った命を嘆く者は、その医者の足下にすがって命を乞う。
その医者は「縁(よすが)」と呼ばれている。死を畏れる人々が最後に頼る者だ。
・・・ところで。奴らの持っている「籠(かご)」。中に何が入っているか知っているか? 仙人の秘薬が入っているだとか、あの世に繋がっているだとか、噂は色々あるが 俺は一度だけ見た事がある。中には「若い女」が一人入っていたんだ。まるで「ヤドカリ」 みたいに。女の顔をもっと見ようと蓋を取ると・・・。
「俺達「ヨスガ」は、人間を「生きる手だて」にしている。生きる為に人の縁となる」
・・・その街には奇妙な夜が存在していた。まだ文明の灯りが全てを照らし出す前。 帝都の闇夜に蠢く怪しい者達の存在。それは人の世に、そしてこの夜に生きて行く者達。 空想の旅路を行くVARNAが描くのは、闇夜の恐ろしさの中にある「この国の物語」。 夜明けがくれば、闇夜に蠢く「真実」が、美しく儚いものだと分かるのかも知れない。
その他注意事項 全席指定
スタッフ 【照明】藤田佳昭
【照明アドバイザー】大塚之英
【音響】遠地砂記子(predawn)
【舞台監督】梅津千春

[情報提供] 2011/06/07 17:47 by ゆい

[最終更新] 2011/09/21 23:30 by ゆい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

*沙緒梨*

*沙緒梨*(55)

役者・俳優 制作

この度、財閥令嬢役で出演させていただくことになりました...

椎菜

椎菜(0)

怪談要素も含んだオリジナル和製ストーリーです。 ...

ゆい

ゆい(0)

暑い季節になりますが、是非観に来てください☆

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大