演劇

劇団C4第15回公演

最終版「大空の向こうに」

劇団C4

若松市民会館 小ホール(福岡県)

2011/07/15 (金) ~ 2011/07/17 (日) 公演終了

上演時間:

劇団C4の代表作「斉木家シリーズ」三部作。劇団十周年の企画で1作目『大樹の影で』、2作目『大地に根をはって』を改訂版にして上演してきました。結果、改訂版とはいえ2作目では登場人物も変わって、まったくの新シリーズのようになってしましました。今回、第16回公演として、この新シリーズの完結編を上演し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/15 (金) ~ 2011/07/17 (日)
劇場 若松市民会館 小ホール
出演 河口玲子、尾方香吏、小林鮎実、谷川哲朗、児島誠、河口紀代子、佐藤友美、岩崎在憲、舛添麻衣
脚本 大福悟
演出 大福悟
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/04/24
料金:一般 2.000円 学生 1.500円 小学生 1.000円 (当日は500円増し)
サイト

http://homepage2.nifty.com/c4/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 劇団C4の代表作「斉木家シリーズ」三部作。劇団十周年の企画で1作目『大樹の影で』、2作目『大地に根をはって』を改訂版にして上演してきました。結果、改訂版とはいえ2作目では登場人物も変わって、まったくの新シリーズのようになってしましました。今回、第16回公演として、この新シリーズの完結編を上演します。
母親の初盆で、久しぶりに斉木家に集まった三姉妹が再び一緒に生活を始めることで幕を開けた『斉木家シリーズ』。最終作の今回は、長女の海外での活動で起きる事件を発端に、それぞれの道を歩みだした三姉妹の絆を、家の中だけではなく社会とのつながりの中から描いていきます。家族の絆はその家族だけのものではなく、様々なつながりをもつ人達と、つまりは社会・世界とのつながりであり、絆であるということを三姉妹が実感していく。そんなお話です。

劇団C4、初の若松での公演。北九州の過去と未来を両方抱えた街です。北九州を舞台に北九州の口語で演じるC4の芝居にはぴったりな場所。若戸大橋を渡って玄界灘の絶景を眺めながら来るもよし、戸畑から渡船に乗って潮の香りを楽しみながら来るもよし、劇場周辺の商店街でお気に入りのお店を見つけるもよし。あなたの知らない若松が見つかるかも。赤い橋の下、潮の香りのする街で、斉木家三姉妹に会いに来てください。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/05/17 14:11 by ☆鮎実☆

[最終更新] 2011/08/06 15:27 by ☆鮎実☆

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大