明治座

明治座(東京都)

2011/07/05 (火) ~ 2011/08/14 (日) 公演終了

休演日:7/15,26 8/4

上演時間:

一、 棟方志功物語

青森に生まれ、ゴッホになろうとした男は、
やがて世界のムナカタになった―
明治36年、青森の刀鍛冶職人の三男坊として生まれた棟方志功(むなかたしこう)は、
小学校を卒業後、裁判所の給仕となり、お気に入りの場所、善知鳥(うとう)神社や
合浦(がっぽ)公園でスケッ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/05 (火) ~ 2011/08/14 (日)
劇場 明治座
出演 コロッケ、熊谷真実、左とん平、赤木春恵、桜木健一、佐藤正宏、宮園純子、水町レイコ、ほか
脚本
演出 大河内日出雄
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 11,000円
【発売日】2011/05/28
A席 11,000円
B席  5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2011/07/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 一、 棟方志功物語

青森に生まれ、ゴッホになろうとした男は、
やがて世界のムナカタになった―
明治36年、青森の刀鍛冶職人の三男坊として生まれた棟方志功(むなかたしこう)は、
小学校を卒業後、裁判所の給仕となり、お気に入りの場所、善知鳥(うとう)神社や
合浦(がっぽ)公園でスケッチをしながら、絵仲間と上京を目指していました。
妻となる女性チヤと出会い、大正13年、志功が21歳の時に二人で上京しますが、
「鍛冶屋の息子が画描きになるのは無理なのか?」と幾度となく訪れる挫折感に
襲われ、なかなか認められない世間に反発していく志功。
しかし妻チヤや多くの人に支えられるうち、次第に、成功できない理由は
周りではなく 自分自身にあったことに気づかされ―――。

志功が、戦後に“世界のムナカタ”として活躍してゆく足がかりを得た
昭和13年前後を軸に、 いろいろな出会いを描いた物語。
フィナーレでは“跳人(はねと)”と呼ばれる踊り子たちの大乱舞による
壮大な「ねぶた」で、舞台いっぱいに棟方志功の世界を表現いたします。
コロッケが渾身を込めて演じる「棟方志功物語」に、どうぞご期待ください。

二、コロッケオンステージ
  ものまねエンターテインメント2011

爆笑ものまねキング、明治座再登場!!
ものまねのレパートリーは300種類以上あり、モノマネ界のパイオニア的存在の
コロッケ。2006年8月にはアメリカ・ラスベガス公演を成功させるなど
各方面から熱い視線が注がれています。
昨年末にはNHK30周年コンサートでものまね100連発を披露したり、
おなじみ五木ロボットひろしを演じる他、現状に満足せず、新たなものまねを
生み出していくコロッケ。今回明治座で初お披露目となるモノマネも!?
一昨年よりもさらにパワーアップしたその姿をとくとご覧下さい!
その他注意事項 ※ 6歳以上有料。
5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください。
スタッフ

[情報提供] 2011/05/12 09:47 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/12 09:52 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大