演劇

彩の国さいたま芸術劇場

天王洲 銀河劇場(東京都)

2011/08/26 (金) ~ 2011/09/06 (火) 公演終了

休演日:8/31

上演時間:

あの伝説の舞台が、新しいキャストを迎えて鮮烈に生まれ変わる!

1995年、蜷川幸雄演出による武田真治主演『身毒丸(しんとくまる)』が初演。継母・撫子役の白石加代子との愛憎を描いたセンセーショナルな内容は話題を呼び、多くの人に感動と衝撃を与えました。これが、蜷川版『身毒丸』のはじまりとなり...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/26 (金) ~ 2011/09/06 (火)
劇場 天王洲 銀河劇場
出演 大竹しのぶ、矢野聖人(新人)、蘭妖子、石井愃一、六平直政、ほか
脚本 寺山修司、岸田理生
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 9,500円
【発売日】2011/06/04
一般/S席:9,500円、A席:8,500円
メンバーズ/S席:8,800円、A席:8,000円
サイト

http://www.saf.or.jp/info_archive/info_1104_05.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あの伝説の舞台が、新しいキャストを迎えて鮮烈に生まれ変わる!

1995年、蜷川幸雄演出による武田真治主演『身毒丸(しんとくまる)』が初演。継母・撫子役の白石加代子との愛憎を描いたセンセーショナルな内容は話題を呼び、多くの人に感動と衝撃を与えました。これが、蜷川版『身毒丸』のはじまりとなりました。

1997年の再演にあたりそのバトンを受け継いだのは、演劇の申し子・藤原竜也。当時15歳だった藤原は一般公募のオーディションによって抜擢、ロンドンのバービカン劇場で初舞台を踏み、その後も日本を代表する若手俳優として活躍を続けています。

そして2011年 -- 身毒丸を愛し、憎み、求めあい、時に拒絶しあう、継母・撫子役には名女優の大竹しのぶ。身毒丸役には「身毒丸オーディション」にて8523人にのぼる応募者の中から見事選ばれた、19歳の新人・矢野聖人。
このふたりが鮮烈に新たな母子像を描き出します。
また、父親役の六平直政、初演から引き続いての出演である蘭 妖子、石井愃一らが、物語にいっそうの深みを与え、ここに蜷川×寺山の新たな伝説がはじまります!

あらすじ

かつて確かにあった『東京』という名の町。少年・身毒丸は、幼い頃に死んだ母を恋しく思い、その姿を求めて今日も町をさまよっていた。彼の父親は、「家」とは、父、母、子がいて成り立つものだという理念に乗っ取り、母を売る店で新しい「母」を買うことにする。その店には、かつて女芸人だったという撫子という女がいた。身毒丸と撫子が目があった瞬間…父親は彼女を母に選んだ。
「家」という容れ物ができて、その中に父・母・子供の「家族」が入り、理想の「家」ができあがる。撫子を母と認められない身毒丸は、彼女に反抗的な態度を取り、しだいに家族から孤立するようになった。撫子は、「家」の中で自分の身の置き場所を見つけられなく追いつめられていた。そんな撫子は身毒丸に折檻してしまう。家を飛び出した身毒丸は、地下へ通じる奇妙な「穴」を持つ仮面売りの男に出会う。亡き母を求め、死人が住むと言われている地下世界へ降りて行く身毒丸だったが、そこで見たものとは…出会った人とは…?
その他注意事項 ※車いすでご来場のお客様は、チケットご購入後、お早めにホリプロチケットセンター(03-3490-4949)までお知らせください。
スタッフ

[情報提供] 2011/05/12 09:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/09/07 00:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大