演劇

文学座

文学座アトリエ(東京都)

2011/07/15 (金) ~ 2011/07/30 (土) 公演終了

上演時間:

ありふれた日常に一滴の非日常を垂らすだけで、スリリングな演劇が立ち上がる。我々がまとう「常識」という名の鎧を、オルビー独特の毒のあるユーモアで切り崩してくれます。できれば触れたくない、なるべくなら隠しておきたい、誰もが抱え持つ心の闇を、タブーを恐れぬ痛快な切り口で暴き続けるエドワード・オルビー...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/07/15 (金) ~ 2011/07/30 (土)
劇場 文学座アトリエ
出演 富沢亜古、今村俊一、若松泰弘、采澤靖起
脚本 エドワード・オルビー
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】2011/06/04
前売り・一般4,000円  当日・一般4,300円
ユースチケット(25歳以下)2,500円
未就学児のご入場はご遠慮下さい。
サイト

http://www.bungakuza.com/goat/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ありふれた日常に一滴の非日常を垂らすだけで、スリリングな演劇が立ち上がる。我々がまとう「常識」という名の鎧を、オルビー独特の毒のあるユーモアで切り崩してくれます。できれば触れたくない、なるべくなら隠しておきたい、誰もが抱え持つ心の闇を、タブーを恐れぬ痛快な切り口で暴き続けるエドワード・オルビー。あなたの愛の限界は?良識の中に潜む独善や差別意識を突きつけてくる問題作。
美しい妻と一人息子に恵まれた建築家マーティン・グレイは人生最高の一週間を迎えた。50歳の誕生日、建築界の権威ある賞を受賞。巨額の資金を投じて建設される未来都市プロジェクトの設計者に選ばれた。そんなマーティンのもとに旧友のTVジャーナリスト、ロスがインタビューにやってくる。幼馴染みのロスに、マーティンは衝撃の告白をする。「僕は彼女に恋してる。あぁ、神様!あぁ、シルビア!」「シルビアって誰?」人も羨む幸せな家庭に投げ入れられた”シルビア”という爆弾が、あなたの信じる「正しさ」を吹き飛ばす。





その他注意事項 7月20日(水)、26日(火)アフタートークあり。
未就学児の入場はご遠慮ください。
スタッフ 【訳】添田園子
【美術】乗峯雅寛
【照明】中山奈美
【音響効果】秦 大介
【衣裳】原まさみ
【舞台監督】寺田 修

[情報提供] 2011/05/11 16:57 by ねこ

[最終更新] 2011/12/26 17:54 by kdw

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大