演劇

天切り松闇がたり

衣紋坂から

なぎプロ・草薙良一

博品館劇場(東京都)

2011/06/09 (木) ~ 2011/06/12 (日) 公演終了

上演時間:

「震災の弱みにつけ込みやがって、振り込めサギが横行していやがる。警察も腰くだけだ。…手前ら、人間じゃねえ!…徹底的にこらしめてやんめえ!」と薄ら笑いを浮かべて夜更けの留置所に現れた不思議な老人は、六尺四方しか聞こえない夜盗の声「闇がたり」で遙かな昔~義理と人情に命を賭けた粋でいなせな怪盗達、と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/09 (木) ~ 2011/06/12 (日)
劇場 博品館劇場
出演 根本りつ子、神太郎、夏原遼、船津未帆、香川耕二、野本卓也、中村尚輝、成田あすか、岩永ゆい、花風みらい、草薙良一、ほか
脚本 金子りつ子
演出 高橋征男
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 6,000円
【発売日】
前売5,500円/当日6,000円(全席指定・消費税込)
サイト

http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2011_06_09.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「震災の弱みにつけ込みやがって、振り込めサギが横行していやがる。警察も腰くだけだ。…手前ら、人間じゃねえ!…徹底的にこらしめてやんめえ!」と薄ら笑いを浮かべて夜更けの留置所に現れた不思議な老人は、六尺四方しか聞こえない夜盗の声「闇がたり」で遙かな昔~義理と人情に命を賭けた粋でいなせな怪盗達、ときの流行作家・永井荷風、大女優・松井須磨子を引き連れて、大正ロマンという華やかな時代がうごめき呑み込んでゆく様を語り始めた。
その他注意事項
スタッフ 原作:浅田次郎(集英社文庫刊)

特別出演:浜田光夫

[情報提供] 2011/04/29 06:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/12/04 21:44 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大