ワンツーワークス

ザ・ポケット(東京都)

2011/05/19 (木) ~ 2011/05/29 (日) 公演終了

上演時間:

 舞台は1950年代、ブルックリンのロッカウェイ。「エクセルシオール」という名前だけ立派なアパートに住むウルフ家の話。宝石商を営む父親、女優になる夢を諦め夫を手伝い家庭を守る母親。だが息子は家業を継ぐのを拒み、ハリウッドで成功している映画タレント・エージェントの叔父さんのもとで働き始めるが、叔...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/19 (木) ~ 2011/05/29 (日)
劇場 ザ・ポケット
出演 萩原流行、西海真理、関谷美香子、尾身美詞(おみみのり)、奥村洋治、重藤良紹、山田キヌヲ
脚本 ウディ・アレン
演出 古城十忍
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,500円
【発売日】2010/04/04
全席指定 4,000円(当日4500円) 
サイト

http://onetwo-works.jp/nextstage_mata.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  舞台は1950年代、ブルックリンのロッカウェイ。「エクセルシオール」という名前だけ立派なアパートに住むウルフ家の話。宝石商を営む父親、女優になる夢を諦め夫を手伝い家庭を守る母親。だが息子は家業を継ぐのを拒み、ハリウッドで成功している映画タレント・エージェントの叔父さんのもとで働き始めるが、叔父さんの美しい秘書に恋をしたことから事態は急展開。家族一人一人が隠し持っていた秘密があぶり出され、溜め込んでいた本音が炸裂し始める――。
 この物語はウルフ家のもう一人のメンバー、家を出た娘によって「彼女が伝え聞いた思い出」(second-hand memory)として語られる。それゆえ物語は直線的には進まず、フラッシュバックとして紹介されたりして、現在と過去を行き来しながら展開する。娘は言う。「アインスタイン曰く――すべては相対的です」。アレンは相対性理論を全然違う内容に当てはめている。
その他注意事項 ◎アフタートークセッションあり
スタッフ [翻訳] 鈴木小百合
美術=礒田ヒロシ  
照明=磯野眞也  
音響=黒澤靖博  
舞台監督=尾崎 裕
衣裳=高木 渚  増田 和  
演出助手=佐藤優子  越智哲也  
舞監助手=日暮一成  安田惣一
宣伝美術=古川タク(イラスト)+ 西 英一(デザイン)+ 富岡甲之(スチール)
票券=ぷれいす  
制作=藤川けい子  加島博美

[情報提供] 2011/04/28 05:51 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/06/03 02:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大