演劇

peachum contemporary #1

ダンシング・ヴァニティ

デザイン:中居義勝(中居でざいん企画制作室)

0 お気に入りチラシにする

演劇

peachum contemporary #1

ダンシング・ヴァニティ

ピーチャム・カンパニー

Space早稲田(東京都)

2011/06/08 (水) ~ 2011/06/15 (水) 公演終了

上演時間:

<STORY>
美術評論家のおれが住む家のまわりでは喧嘩がたえまなく繰り返され、老いた母と妻、娘たちを騒ぎから守ろうとおれは繰り返し対応に四苦八苦。
そこに死んだはずの父親や息子が繰り返し訪ねてきて……。
コピー&ペーストによって執拗に反復され、奇妙に捩れていく記述が奏でるのは錯乱の世界...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/08 (水) ~ 2011/06/15 (水)
劇場 Space早稲田
出演 堂下勝気(ピーチャム・カンパニー)、八重柏泰士(ピーチャム・カンパニー)、岩崎雄大(ピーチャム・カンパニー)、平川直大(ピーチャム・カンパニー)、日ヶ久保香、古市海見子、小野千鶴、ダンサー:金崎敬江(miel)
脚本 原作:筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』(新潮社)、清末浩平
演出 川口典成
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】2011/05/01
前売券(事前入金):2500円(チケット送料込み・振込手数料は別途ご負担いただきます)
当日精算券・当日券:3000円
☆フェスティバル割引:Space早稲田フェスティバルの他の作品をご覧になった際のチケット半券を受付にお持ちいただければ、当日精算券も料金2500円に割引させていただきます。ご予約の際に必ずその旨お書き添えください。
※6月1日以後のご予約は、当日精算券のみの扱いとなり、チケットは当日受付にご用意いたします。この場合、料金は3000円となります。
サイト

http://peachum.com/next/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 <STORY>
美術評論家のおれが住む家のまわりでは喧嘩がたえまなく繰り返され、老いた母と妻、娘たちを騒ぎから守ろうとおれは繰り返し対応に四苦八苦。
そこに死んだはずの父親や息子が繰り返し訪ねてきて……。
コピー&ペーストによって執拗に反復され、奇妙に捩れていく記述が奏でるのは錯乱の世界か、文学のダンスか?
巨匠が切り開いた恐るべき技法の頂点にして、前人未到の文学世界!
(新潮社『ダンシング・ヴァニティ』紹介文より)

<あー、死ぬほど、反復。死ぬまで、反復。>
たとえば、町を歩いているときにふと聞こえてきたピアノの音色に、幼少時代を思い出し甘酸っぱい気分になり、たとえば、風呂場でシャワーを浴びながら、やらかしてしまった人生の痴部を否応なしに思い出し、むせび泣く。僕らはいつも、自らが歩んできた人生の幾つかのシーンを反芻し、記憶のなかで繰り返し生き直す。否、生き直してしまう。そうして思い出される様々な情感は、肉体の襞に澱のように沈殿し、ひっつき、離れがたくなっていく。

筒井康隆さんの『ダンシング・ヴァニティ』に導かれ、ある男の人生の記憶を、繰り返し、反復し、陽気に躍り続け演じてみようと思います。
死ぬほど、反復して、人間を愛し、嫌います。嫌って、愛します。
劇場で、お待ちしております。

代表・演出 川口典成
その他注意事項
スタッフ 照明:榊美香(㈲I's)/劇中歌作曲:名村徹真/音響協力:池田野歩/舞台監督:宮田公一/宣伝美術:中居義勝(中居でざいん企画制作室)/宣伝美術イラスト:鈴木江梨/プロデューサー:森澤友一朗

[情報提供] 2011/04/25 15:33 by 雲雀亭

[最終更新] 2012/05/26 00:01 by 雲雀亭

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

hiroe

hiroe(20)

役者・俳優 ダンサー 演出 演出助手 振付

今回は、ダンサーとして出演致します。 人間ではない模...

キヨスエ

キヨスエ(0)

脚本担当の清末浩平です。

雲雀亭

雲雀亭(0)

反復と錯乱が炸裂するダンシング・ヴァニティです!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大