演劇

第17回公演

空の裏側

デザイン:伊藤健介

0 お気に入りチラシにする

演劇

第17回公演

空の裏側

Toshizoプロデュース

武蔵野芸能劇場 小劇場(東京都)

2011/06/24 (金) ~ 2011/06/27 (月) 公演終了

上演時間:


何でもできるような気がした。何にでもなれると思ってた。
いつからか、少しづつ歯車がきしんで声を上げる。
ひきこもり・・・
母「どうして?・・これが答えなの?」
父「俺は自分の責任を果たしてきた」
弟「俺の兄ちゃんである前に、あんたたちの息子だろ!」
長男「世の中には例外というも...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/24 (金) ~ 2011/06/27 (月)
劇場 武蔵野芸能劇場 小劇場
出演 内木英二、原田晴美、川口茂人、伊東知香、鬼英、加藤陽平、高橋壮志、くらはしりょうこ、古谷臣、藤原稔三
脚本 藤原稔三、川口茂人
演出 藤原稔三
料金(1枚あたり) 3,300円 ~
【発売日】2011/05/15
前売り 3,300円
高校生以下 2,000円
ペアチケット(2枚一組) 6,000円
当日 3,500円
※※ご入場時に、「ホームページを見た」と言っていただければ、 当日でも前売り料金でご覧いただけます
サイト

http://www2.odn.ne.jp/aah16680/2011-6/sora.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
何でもできるような気がした。何にでもなれると思ってた。
いつからか、少しづつ歯車がきしんで声を上げる。
ひきこもり・・・
母「どうして?・・これが答えなの?」
父「俺は自分の責任を果たしてきた」
弟「俺の兄ちゃんである前に、あんたたちの息子だろ!」
長男「世の中には例外というものがあるんだ、ということが分かればいいんだけど」

心のすれちがいをくりかえしながらも、再生の手がかりを探そうとする家族の物語。

2006年に初演され、好評を博した舞台の再演。
初演時のアンケートより:
「生きることは経験と感動。試行錯誤しながらも今この瞬間を一生懸命にと気付きました。この公演がより多くの人の目にふれてほしいと心から思います」

~作品の特徴~
出来る限り簡素な舞台の上で、俳優達は小道具を使わず、
パントマイムと五感を手掛かりに、想像の世界を創り上げる。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 岩崎高広  照明 若林恒美  音響 飯塚ひとみ  舞台美術 達芸社  制作 藤原真理子  制作補  浜菜みやこ  宣伝美術 伊藤健介  website 小野寺あゆみ

[情報提供] 2011/04/19 00:15 by まりふじ

[最終更新] 2011/06/29 09:44 by まりふじ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

harapappa1018

harapappa1018(0)

よろしくお願いします。

まりふじ

まりふじ(3)

制作

稽古場日誌も更新中です。ホームページにも遊びに来て下さい。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大