演劇

東京タンバリン

山小屋シアター(広島県)

2007/11/17 (土) ~ 2007/11/18 (日) 公演終了

上演時間:

主人公をめぐる3つの世界が同時進行していく。現在と過去、現実と虚構の世界が複雑に絡みあう中に、本人すら意識できない「意識下に潜む暗闇」が浮きあがってくる。「東京地方」の演劇を作り続けるタンバリンの新作。
「無意識」という「意識」が「本能」としての人間の本質なのか?
「無意識」は「無意識」で...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/11/17 (土) ~ 2007/11/18 (日)
劇場 山小屋シアター
出演 瓜生和成、森啓一郎、青山隆之、岡本考史、坂田恭子、島野温枝、ミギタ明日香、遠藤弘章、大田景子、大湯純一、塩入美喜子、田島冴香
脚本 高井浩子
演出 高井浩子
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】2007/10/20
公演日程(全2ステージ)
11/17(土) 19:00
11/18(日) 15:00
(受付開始、当日券発売は1時間前、開場は20分前/いずれも開演の)

料金(日時指定・全席自由/前売・予約・当日とも)
一般2500円(劇団での受付は公演1週間前まで)
高校生以下・シニア(60歳以上)割引 1000円
サイト

http://tanbarin.sunnyday.jp/tensoku/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 主人公をめぐる3つの世界が同時進行していく。現在と過去、現実と虚構の世界が複雑に絡みあう中に、本人すら意識できない「意識下に潜む暗闇」が浮きあがってくる。「東京地方」の演劇を作り続けるタンバリンの新作。
「無意識」という「意識」が「本能」としての人間の本質なのか?
「無意識」は「無意識」でしかないのか?
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:松下清永+鴉屋・佐藤恵 照明:橋本剛(colore) 音響:中村嘉宏
舞台美術:杉山至+鴉屋 宣伝美術:清水つゆこ 制作:東京タンバリン

[情報提供] 2007/05/23 13:06 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/11/04 20:49 by nagaitti

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大