東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2011/05/12 (木) ~ 2011/05/16 (月) 公演終了

上演時間:

求め合う者たちの心と心の出会い
突然の病気に襲われ、生後19カ月で視覚・聴覚・言語に障がいを抱えた少女ヘレン・ケラー。孤児院に残してきた弟の死に心を痛め続ける若き家庭教師アニー・サリバン。この二人が全身でぶつかり、障がいの有無を越えて“出会う”までの物語。
指文字を教えることによってヘレン...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/12 (木) ~ 2011/05/16 (月)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 白根有子、稲葉礼恵、渋谷愛、保角淳子、酒井宗親、中村滋、緒方一則、佐藤勇太、清水菜穂子
脚本 松兼功
演出 浅野佳成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2011/04/04
当日4000円/前売り3800円/学生3300円
年間通しチケット3枚綴り10,000円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 求め合う者たちの心と心の出会い
突然の病気に襲われ、生後19カ月で視覚・聴覚・言語に障がいを抱えた少女ヘレン・ケラー。孤児院に残してきた弟の死に心を痛め続ける若き家庭教師アニー・サリバン。この二人が全身でぶつかり、障がいの有無を越えて“出会う”までの物語。
指文字を教えることによってヘレンに言葉を獲得させた「奇跡の人」として広く知られているが、KAZEの『ヘレン・ケラー ~ひびき合うものたち』は、自身も脳性麻痺による重度の障がいを持つ作家 松兼功との交流によって書き下ろされました。
飽くなき人間への好奇心と愛情の交換によって、ヘレンとサリバンの間に生まれた、ひびき合う心の波。
ヘレンによって理解されたアニーがいて、アニーによって理解されたヘレンがいる―奇跡は人の出会いにある。
コミュニケーションという言葉だけが一人歩きし、氾濫するいま、改めてKAZEは『ヘレン・ケラー ~ひびき合うものたち』に取り組みます。
その他注意事項 後援:中野区

今回の拠点劇場での公演を終えた後、7月中旬まで西日本地域へ、9月~10月末まで東日本および西日本地域で巡回公演を行います。
スタッフ 音楽:小室等 舞台美術:上田淳子 照明:塚本悟
音響:渡辺雄亮 照明オペレータ:坂野貢也
衣裳・舞台監督:長谷川敬久
演出助手:江原早哉香 製作:佐藤春江

[情報提供] 2011/04/04 17:47 by なっち

[最終更新] 2011/10/20 18:03 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

今回の『ヘレン・ケラーひびき合うものたち』には、多くの...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大