演劇

日本劇団協議会主催 創作劇奨励公演 平成19年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

演劇

日本劇団協議会主催 創作劇奨励公演 平成19年度文化庁芸術団体人材育成支援事業

漂流物

劇団一跡二跳

THEATER/TOPS(東京都)

2007/07/20 (金) ~ 2007/07/29 (日) 公演終了

上演時間:

「あいつはただ殺したかっただけです。」

波の音が絶えることのない荒涼とした浜辺に、寂れた「海の家」がある。
家の主人は浜に漂着する「漂流物」を拾い集めては、売り物のように店先に並べている。
明日は妻の1周忌というその日、砂浜に得体の知れないでっかい動物の死体が漂着する。
死体には血...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/20 (金) ~ 2007/07/29 (日)
劇場 THEATER/TOPS
出演 奥村洋治、関谷美香子、重藤良紹、高久慶太郎、佐藤万里子、安田惣一
脚本 三井快
演出 古城十忍
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,500円
【発売日】2007/06/11
全席指定 3,500円
【学生】2,500円
 【高校生以下】1,500円
  ※要学生証提示・劇団でのみ取り扱い
 ※10歳未満の幼児・児童はご入場いただけません。
サイト

http://www.isseki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「あいつはただ殺したかっただけです。」

波の音が絶えることのない荒涼とした浜辺に、寂れた「海の家」がある。
家の主人は浜に漂着する「漂流物」を拾い集めては、売り物のように店先に並べている。
明日は妻の1周忌というその日、砂浜に得体の知れないでっかい動物の死体が漂着する。
死体には血がべっとり付いている。そばには角材。殴り殺されたのかもしれない……。
そしてまた漂着したかのように、海の家には自転車に乗った18歳の少年がやって来る。
遙か遠くから自転車で走ってきた少年は「そろそろ旅も終わりかな」と呟く。
たどり着く者、行き場のない者、消えることのない血の匂い……。
ダイビングのインストラクターだった妻の死は本当に事故だったのか?
少年は何のためにはるばる遠くからやって来て、どこへ向かおうとしているのか?
夏の終わり。まだまだ日差しはじりじりと強く照りつけ、
「死の匂い」はいよいよ恐怖を伴って、一面の海に強烈な悪臭を放ち始める……。
その他注意事項
スタッフ 美術/礒田央
照明/磯野眞也
音響/黒澤靖博
舞台監督/今井 聰+三宅亮一
宣伝美術/古川タク[イラスト]
/西 英一[デザイン]
/富岡甲之[スチール]
舞台写真/中川忠満

制作/劇団一跡二跳
   岸本匡史
   藤川華野
協力/タクンボックス
   Gプロダクション

主催/社団法人日本劇団協議会

[情報提供] 2007/05/22 13:57 by 岸本匡史

[最終更新] 2007/05/22 13:59 by 岸本匡史

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大