演劇

加藤健一事務所 vol.78

出発の詩集

~モスクワからの退却~

加藤健一事務所

所沢市民文化センターMUSE マーキーホール(中ホール)(埼玉県)

他劇場あり:

2011/05/07 (土) ~ 2011/05/07 (土) 公演終了

上演時間:

エドワード(加藤健一)とアリス(久野綾希子)は50代後半の夫婦。
アリスは詩を愛する個性的な女性で、エドワードを深く愛しているが、
はっきりしない彼の言動に焦燥感を覚えている。

穏やかな学校教師であるエドワードはアリスを思いやり、
彼女に合わせようと暮らしてきたが、
何を言っても...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/07 (土) ~ 2011/05/07 (土)
劇場 所沢市民文化センターMUSE マーキーホール(中ホール)
出演 加藤健一、久野綾希子、山本芳樹
脚本 ウィリアム・ニコルソン
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】
S席 4,000円
A席 3,500円
高校生以下 2,000円
サイト

http://homepage2.nifty.com/katoken/78-index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 エドワード(加藤健一)とアリス(久野綾希子)は50代後半の夫婦。
アリスは詩を愛する個性的な女性で、エドワードを深く愛しているが、
はっきりしない彼の言動に焦燥感を覚えている。

穏やかな学校教師であるエドワードはアリスを思いやり、
彼女に合わせようと暮らしてきたが、
何を言ってもアリスをいらだたせる結果に終わる事に疲れ果てている。

33回目の結婚記念日を目前にした週末、
一人息子のジェイミー(山本芳樹)が二人を訪ねてくる。

そして翌朝、
アリスが留守の間、エドワードはジェイミーにアリスと別れるつもりであることを話す。

さらに他の女性と愛し合っていることも―――。

夫婦が一人の男と一人の女になった時、
どんなものが見えてくるのか・・・。
その他注意事項
スタッフ 訳:小田島恒志 

美術  島次郎
照明  五十嵐正夫
音響  松本昭
衣裳  竹原典子
ヘアメイク  馮啓孝
舞台監督  鈴木政憲

[情報提供] 2011/03/18 05:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/05/05 23:19 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大