城山羊の会

こまばアゴラ劇場(東京都)

2011/05/21 (土) ~ 2011/05/31 (火) 公演終了

上演時間:

◎あらすじ
D市郊外の住宅地に住む30代の夫婦。夫は会社員、妻は薬剤師。最近、景気が少し上向いてきたので、子供をつくろうか、といった話をしたりしなかったり。 じゃあ、その前に海外旅行に行こう、などと普通に幸福なその日。 隣の家から、叫び声がきこえる。ふだん穏やかな御亭主なのだが、奥さんに暴力...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/21 (土) ~ 2011/05/31 (火)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 鈴木浩介、石橋けい、古舘寛治(青年団・サンプル) 、岡部たかし、永井若葉(ハイバイ)、大川潤子(三条会)、本村壮平
脚本 山内ケンジ
演出 山内ケンジ
料金(1枚あたり) 3,200円 ~ 3,500円
【発売日】2011/04/15
チケット料金/全席自由(整理番号付):一般前売り 3,200円 /当日 3,500円
サイト

http://shiroyaginokai.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ◎あらすじ
D市郊外の住宅地に住む30代の夫婦。夫は会社員、妻は薬剤師。最近、景気が少し上向いてきたので、子供をつくろうか、といった話をしたりしなかったり。 じゃあ、その前に海外旅行に行こう、などと普通に幸福なその日。 隣の家から、叫び声がきこえる。ふだん穏やかな御亭主なのだが、奥さんに暴力をふるっているようだ。 翌日、その奥さんは頭に包帯を巻いているのに、転んで怪我したんです、などと言う。 薬剤師の妻は、あの奥さんを救おう、あの夫婦の欺瞞を暴かねばならない、と言う。 しかし、会社員の夫は、他人の生活に立ち入るものではないよ、と主張。夫は、理性的なのだ。 しかし、今夜も隣家から暴力の叫び声が聞こえる。それを聞く度に夫の心は、はるか海を渡り、遠いイスタンブールへ飛んでゆく。
これは、妻の焦燥と夫の幻想とが交錯し、ひとつの解決へと向かうロマンである。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:黒葛野繁之・森下紀彦/照明:佐藤啓/音響:藤平美保子 舞台美術:杉山至/衣裳:加藤和恵・平野里子 宣伝美術:螢光TOKYO+DESIGN BOY/イラスト:コーロキキョーコ 技術協力:鈴木健介(アゴラ企画) /制作協力:斎藤拓(アゴラ企画) /芸術監督:平田オリザ 制作プロデューサー:城島和加乃(E-Pin企画) 主催・製作:城山羊の会・(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場


[情報提供] 2011/02/26 00:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/07 11:17 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大