演劇

第七回公演

前進人

デザイン:東海林有布

0 お気に入りチラシにする

演劇

第七回公演

前進人

鮭スペアレ

イワト劇場(東京都)

2011/04/21 (木) ~ 2011/04/24 (日) 公演終了

上演時間:

―貪りつくせ このせかい 謳歌しろよ このからだ―

おかしな噂の流れる高校。
夜に屋上行った者、時の戯れ知った者。
時につかまり、帰れない。飲み込まれて、戻れない。

そこで出会うは、少年、少女。
目を患った天才少年。絵が上手い孤独な少女。
時にのまれて帰れぬ前に、わたしの体...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/21 (木) ~ 2011/04/24 (日)
劇場 イワト劇場
出演 東海林有布、宮川麻理子、清水いつ鹿、林みなみ、小暮裕介、斎藤伶佳、上岡遼二、鰺坂万智子、片ひとみ、中込遊里
脚本 中込遊里
演出 中込遊里
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/02/10
全席自由 2500円/学生 2000円
サイト

http://www.syakespeare.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ―貪りつくせ このせかい 謳歌しろよ このからだ―

おかしな噂の流れる高校。
夜に屋上行った者、時の戯れ知った者。
時につかまり、帰れない。飲み込まれて、戻れない。

そこで出会うは、少年、少女。
目を患った天才少年。絵が上手い孤独な少女。
時にのまれて帰れぬ前に、わたしの体がなくなる前に。
確認しよう、このいのち。わたしたちの生きるあかし。


『鮭スペアレの演劇は音楽となる』
2005年、鮭スペアレ設立時の理念は、「ただ生身の人間(俳優)がそこにいて、生身の人間(観客)に出会う」場としての演劇を目指すものであった。今生きて存在している人間の身体と声――この重要性は普遍である。そこにひょこっと、別の「声」が入り込んできた。楽器による音――彼らは伴奏ではなく、人間の声とは違った音を出して役を演じる。テクストという楽譜をもとに、体、声、音は一体となって、演劇だけが成し得る時空間を構成する。こうして出来たのは一つの『曲』、そしてそれが鮭スペアレの演劇である。
さあ、この空間を聞きに、時間を見に、劇場へ!

その他注意事項
スタッフ 音楽  五十部裕明

演奏  前田治(コントラバス)/平野良昌(ギター)/木村淑子(アコーディオン)/鳥居舞子(ヴァイオリン)/吉澤可奈子(謡)/向田早希(パーカッション)/松岡祐子(パーカッション)/佐々木邦夫(マンドリン)/五十部裕明(ピアノ)

照明  太田奈緒未

制作  大村みちる/松本いろは/横山徹 

[情報提供] 2011/02/18 01:06 by ちるちる

[最終更新] 2011/04/24 01:13 by ちるちる

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ちるちる

ちるちる(12)

前代未聞の音楽劇! <鮭スペアレ>の空間を聞きに、時...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大