盗聴少年 公演情報 盗聴少年」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.2
1-6件 / 6件中
  • 満足度★★★★

    初見
    友人に誘われ初めての観劇。いとうあさこさんってこの劇団の劇団員なんですね、知らなかったです。久しぶりの「ザ・コメディ」に随所に笑わせて頂きました。達者な役者さんが多く次回作も是非観劇したいです。

  • 満足度★★

    ストーリーは「?」 役者を見る芝居。
    全体的にテンポが良く、役者同士の掛け合いは現代のお笑い芸人のそれに近い。(実際にいとうあさこさんがいらっしゃったこともあり。)
    今回の主役であるカットさんが手掛けたというオープニングエンディングテーマも、さすが芝居のテンポに合い、なおかつ全体のテンションを上げていてとても自然に芝居に入り込めた。
    そして、どのキャラクターも個性がしっかりとしていて、過去にかかえたものの大きさや重さ、それが現れるシーンはぐいぐい引き込まれた。

    などと良い点もあったのだが、唯一とも言える欠点はその物語性ではないかと感じた。

    ネタバレBOX

    まず、観終わってすぐに、「これで終わりか?終わって良いのか?」という気持ちになった。
    クライマックスでは主人公家族の家庭問題を中心に取り扱っているように見えたが、「(なんだかんだ問題あっても)ぶっちゃけこんな家族でもいいよね」とまとめられた気がして、どうにも消化不良である。その結末で、何が伝えたいんだ?
    いや、まだ、まなぶの家は今まで触れても来ずにちぐはぐだった問題を話し合った、それだけでも大きな進歩だったのかもしれない。そうなると、最後の台詞は未来への期待の布石にも感じられる。
    それならなおさら、隣人たちはどうなる?管理人と愛人?はただの変態か?問題は何も解決していないのではないだろうか?

    さらに言うなら、息子の「話してよ。」の一言で語り出せる程度の過去ならそこまで頑なにちぐはぐを守り抜いていた親はなんだったのだろうか?


    分からないということが僕たちは不安だ
    こんなひといないと笑ったって、こういう人、いるんです。
    そして何より問題はすぐには解決しない。
    けれど、一歩を踏み出して変えることはできる、かもしれない。。

    そういうメッセージを伝えるのなら、サイドストーリーの作りはかなり甘いなと素人ながらに感じた作品だった。
  • 満足度★★

    うーん
    残念ながら私には合わなかったというか、あまり面白いと感じられませんでした。
    ところどころ笑えるところはありましたが、ストーリー自体が散漫な感じ。オチはあれでよかったのでしょうか?
    せっかくキャラの立った役者さんがいて、面白そうなシチュエーションなのに。
    消化不良な感じで終わりました。
    もっと面白くできそうなのに、という残念さだけが残りました。

    個人的に、いとうあさこさんを目の前で見られたのがよかったです。

    ネタバレBOX

    下ネタが多いのと、無駄に(?)何度も下着姿になる女優は、好みが分かれるところでしょうが、私には合いませんでした。

    人が、表に現す部分と内面との間に差があるのはしごく当然のことなので、そんなことを盗聴して、いろいろ考えられてもなあという気もしました。
    少年の葛藤が薄っぺらかったです。

    それまでの流れでもエピソードにツギハギの感じを受けたのですが、最後の幼児の性的暴行はあまりに唐突すぎ。深刻に受け止めるべきか笑い飛ばすべきか微妙でした。

    何人かの役者さんのしゃべり方が、芝居というよりコントっぽかった(昔のコント赤信号的な)のも、ちょっと気になりました。まあ、これも個人的なこのみの問題です。
  • 満足度★★★

    偉いっ!開演時間ぴったりに始まった。
    コメディタッチで始まり、終盤はシリアスな展開の、ウェルメイドな、楽しめる作品でした。

    いとうあさこを始め、芸達者な面々を楽しむ、という観方がおススメです。

    以下、ネタばれ。


    ※【特筆事項】
    ご案内メールに「時間ぴったりに始めます。くれぐれも時間に余裕を持ってお越しください」と書かれていた。「ホンマかいな」と思っていたが、事実、時間ぴったりに始まった。
    日本の小劇場演劇界で、こんなことがあるのかと驚いた(笑)。

    他の劇団も、ぜひ見習っていただきたい。

    ネタバレBOX

    ドラマの核は、田畑亜弥演じる宮子が、幼少のころに変質者に悪戯された、という過去の事件のせいで、家族がぎくしゃくしている、という話。

    しかし、私の感性では、この話とコメディの部分が、融合しないように感じた。

    核の部分の話がシリアス過ぎるのだ。
    もっと、全編つうじて、カラッと笑えて泣ける話てまとめた方がよかった。



    ※幼児期に遭遇したセクシャルな被害で、その後一生、苦しむ女性も少なくない。コメディドラマの中に安易に挿し入れる話題ではないように思うのだ。
  • 満足度★★★★★

    心底笑い、こみあげる感動。キャラクターの幅・深さともA級のおどろき☆彡
    もうすこしサスペンスアップ、デッドヒートがあったほうがいい。管理人と愛人たちのことをもっと描いてほしい。全体にアッサリ感がして、アレ?と思うことがありました。それぞれの住人の人生が表面的にながれて群像劇だろう、しかたないといえばそれまで。しかし、少年のカリスマ性、神秘がほしかった。ネタばらしが早すぎる。山田ジャパンのお客さんは演劇なれしていない観客が50%です。という意味では映画、ドラマ的な結着も必要です。群像劇だけでは感動できない、というだろう。劇伴奏は秀逸で、一人さんの腕はいい。特筆はキャラクターの造形。17人の個性がすばらしい。妻から逃げて男3人で暮らすリーダーなどの善人の明るさも明るいだけで終わってるのは実にもったいない。この演出家のキャラクター造形力・センスは若手ナンバーワンだろう。いとうあさこすこし太めだ、どうした?いとうの芝居は良い、内面の表現が感じられる。

  • 期待はずれでした
    ストーリーは良かったと思います。ですが、音響、照明ともに明らかにきっかけを外し、演者が全く噛み合っていない。一人でいっぱいいっぱいになっています。テンポの悪さも目立っているし、経験のある人が舞台に存在しているとは思えない状況でした。正直稽古不足なのではないでしょうか。それをお金を取って見せることに疑問を抱いています。期待していたからこそ残念で仕方がありません。こんな状態でいいのですか❓山田ジャパンさん。

このページのQRコードです。

拡大