演劇

ブルーノプロデュースvol.4

原作 北村 薫 「ひとがた流し」 (朝日新聞出版刊)

演劇

ブルーノプロデュースvol.4

ひとがた流し

原作 北村 薫 「ひとがた流し」 (朝日新聞出版刊)

ブルーノプロデュース

タイニイアリス(東京都)

2011/04/22 (金) ~ 2011/04/25 (月) 公演終了

上演時間:

漫画家・松本大洋、写真家・小林紀晴など、様々なジャンルを取り上げてきたブルーノプロデュース。
新宿での劇場本公演では、小説家・北村薫の「ひとがた流し」に挑戦します。

十代の頃から、大切な時間を共有してきた女友達、千波、牧子、美々。四十代という人生折り返し地点に立ち、彼女ら三人を軸に、家...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/22 (金) ~ 2011/04/25 (月)
劇場 タイニイアリス
出演 堀内萌、スズキヨウヘイ、多賀麻美、南波早、小島和明、他、平舘宏大、金谷奈緒、重岡漠(青年団)、岩佐みちる
脚本 北村薫「ひとがた流し」(朝日新聞出版刊)
演出 橋本清
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.brunoproduce.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 漫画家・松本大洋、写真家・小林紀晴など、様々なジャンルを取り上げてきたブルーノプロデュース。
新宿での劇場本公演では、小説家・北村薫の「ひとがた流し」に挑戦します。

十代の頃から、大切な時間を共有してきた女友達、千波、牧子、美々。四十代という人生折り返し地点に立ち、彼女ら三人を軸に、家族・恋人・友との絆を描いていく。流れ行く川にも似た人生のなかで、お互いがお互いを想い、優しく見守っていく友情小説。

北村氏の繊細で淡々とした言葉の数々を、ありのままの形で見せていきます。地の文と会話の文をほとんどカットせず、休憩込み3時間強。現在進行形で進んでいく演劇だからこそ、失われたものと、残るもの、これから獲得していくものとを想像しながら、ぜひ過去と現在と未来の時の流れを体験してください。
俳優が20代中心ではありますが、だからこそ、人間の根源にある、かつて存在した記憶とか思い出などの結晶を、そのままの姿で光らせられるのではないかと思います。



――登場人物の流すものとしては《涙》という言葉も使うまいと思った。これらの単語を書かないのを、わたしは逃げとは思わない。それは、わたしにとって、物語のひとつの要素でもある《祈り》に近いものである。(著者、付記より)
その他注意事項 ☆「くりこし観劇」できます☆

本公演は、休憩をはさみ約3時間半(第一部:2時間、休憩15分、第二部:1時間15分)で構成されております。
時間的な都合によりご鑑賞がむずかしいお客様のため、「くりこし観劇」というシステムを設けました。
第一部のみ、又は第二部のみご鑑賞のお客様は、別のステージにてもう一方の部をご鑑賞いただくことのできるシステムです。
チケットの予約とは別に、事前に予約が必要です。当日受付、チケット予約時、または電話、メールにてお申しつけください。
スタッフ 【照明】板谷悠希子
【制作】幡野萌

[情報提供] 2011/02/07 15:40 by kiyo

[最終更新] 2011/04/25 12:12 by こうだい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー10

ミキ

ミキ(0)

ほんの少しですが

もえ

もえ(0)

がんばれー

しげお

しげお(0)

がんばるぞー

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大