演劇

堀ひろこ一人芝居 feat. cineman

La Dame au violoncelle

チェロを弾く女

デザイン:煙草谷詩子

0 お気に入りチラシにする

演劇

堀ひろこ一人芝居 feat. cineman

チェロを弾く女

La Dame au violoncelle

cineman

新宿ゴールデン街劇場(東京都)

2011/04/28 (木) ~ 2011/04/29 (金) 公演終了

上演時間:

―ふりですよ・・・いつもふりばっかり。
(劇中台詞より)

現実を生きているのにもかかわらず、
ふと、自分の存在も周りも全てが、
”虚”の様な錯覚を覚えて、不安になる時がある。
でも寝て起きたら、そこにはまた信じられる自分が居て、
何でもない日常が始まっている。

自分の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/04/28 (木) ~ 2011/04/29 (金)
劇場 新宿ゴールデン街劇場
出演 堀ひろこ
脚本 ギィ・フォワシィ
演出 鈴木穣(cineman)
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】2011/03/04
前売・当日とも3500円
日時指定/全席自由
サイト

http://www.geocities.jp/cinemanhp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ―ふりですよ・・・いつもふりばっかり。
(劇中台詞より)

現実を生きているのにもかかわらず、
ふと、自分の存在も周りも全てが、
”虚”の様な錯覚を覚えて、不安になる時がある。
でも寝て起きたら、そこにはまた信じられる自分が居て、
何でもない日常が始まっている。

自分の人生は、いつも”ふりをする”人生だったと
告白を始める女のお芝居。
 
10年前に出会った作品を、やっと出来る歳になりました。
虎の穴から出た兎が、いえ、兎の耳をつけた戌が、少しだけ飛べますように・・・。
 
堀ひろこ


役者が己の全身全霊を注げるような
役柄や作品との出逢いは、
果たして生涯に何回あるのだろうなんて
漠然と思うんです。
芝居を、演技を、生業とすればするほど
その機会は目減りするのが現実かもしれません。

堀ひろこから
この企画を、そして戯曲を請われた時、
彼女の本気にのけぞりました。
この作品を上演するのは、
彼女にとっての人生の証であり、
僕にとっての
とてつもない回帰となりました。

どうぞ目撃してください。
本物が生まれる予感がして
身震いが止みません。

cineman 鈴木穣

その他注意事項 開場は開演の30分前になります。
未就学のお客様の観劇はできませんので、ご了承ください。
混雑時、または開演時間を大きく過ぎてのご入場は、
お断りする場合がございます。
スタッフ 【訳】  山本邦彦
【チェロ奏者】  白神あき絵

【照明】 福田美香
【音響】 土屋由紀
【舞台監督】 中野祐
【宣伝・舞台美術】 ゆたか
【写真撮影】 八巻俊生
【企画・制作】 堀ひろこ & cineman

【協力】 大判社
      オフィスチャープ
      ギィ・フォワシィ・シアター
      有限会社アイデアボックス
      谷正雄
      松井佐知子
      煙草谷詩子
      関山美穂子
      萩原恵礼
      酒井幸男
      他

Special Thanks 小林 政秀

[情報提供] 2011/02/04 14:27 by シネマン

[最終更新] 2011/06/01 22:46 by シネマン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ヒロコ

ヒロコ(0)

1年前からやりたい!!と思っていたお芝居です。 やり...

シネマン

シネマン(0)

脚本 演出

どうぞ目撃してください。 cinemanの、新たな本...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大