その他

松之木天辺

原宿キネアティック(東京都)

2011/03/15 (火) ~ 2011/03/24 (木) 公演終了

上演時間:

芥川龍之介『藪の中』から想を得た、松之木天辺・初監督作品『パブの中』は、パブで死んだ男をめぐる関係者の証言、というドキュメンタリー映画のインタビュー形式を装った完全フィクションであり、またミュージック・クリップでもあり、ダンス・フィルムでもある。
 『いいダンサーは役者以上に芝居が巧い』とい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

きれいな言葉はもういらないわ
さあ、あなたの血と肉でわたしをあたためて

公演詳細

期間 2011/03/15 (火) ~ 2011/03/24 (木)
劇場 原宿キネアティック
出演 風間るり子、クリタチカコ、山本圭祐、加藤若菜、松本さとし、ブルボンヌ、松田篤史
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,200円
【発売日】
予約 1,000円
当日 1,200円
サイト

http://inthepub.cocolog-nifty.com/blog/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 芥川龍之介『藪の中』から想を得た、松之木天辺・初監督作品『パブの中』は、パブで死んだ男をめぐる関係者の証言、というドキュメンタリー映画のインタビュー形式を装った完全フィクションであり、またミュージック・クリップでもあり、ダンス・フィルムでもある。
 『いいダンサーは役者以上に芝居が巧い』という監督の信念により、出演者はダンサーを中心にキャスティングされた。風間るり子(日本のコンテンポラリーダンスのゴッドマザー・黒沢美香が自らを否定/偽装する際に使う別名)をはじめ、ソウルフレバーな街・蒲田でママ歴15年の妖艶ダンサー・クリタチカコ、近年テレビでの活躍が目覚しい次世代個性派俳優の旗手・山本圭祐、その美貌からは想像のつかない異常な彩りを放つ加藤若菜、一人まったくの素人ながら監督の口車に乗せられて参加した新人・松本さとし、時折、朝のお茶の間テレビに紛れ込む、知性と恥性を兼ね備えた天才女装パフォーマー・ブルボンヌ、舞踏集団・大駱駝艦の中心ダンサーであり、DJ、モデル、ドラァグ・クイーンとしても暗躍する・松田篤史と、国内外で活躍する一筋縄ではいかない曲者パフォーマーたちがこの映画のために一堂に会した。
 前半の証言シーンは6人の出演者が出番をつなぐワンシチュエーション・長回し1本勝負で撮影され、まるで舞台を観ているかのような臨場感に溢れている。撮影は、ビショップ小山。コンテンポラリーダンスカンパニー・イデビアン・クルーの古株ダンサーでもある氏の<ダンスするカメラ>が、映像ならではのグルーヴ感、ドライヴ感を生み出し、舞台と映像の目くるめく融合を果たしている。
その他注意事項 ポスト・スクリーニング・イベント

15(火)松之木天辺+溝口彰子(トーク)
16(水)風間るり子(ダンス)
17(木)山本圭祐(パフォーマンス)
18(金)松之木天辺+今泉浩一(トーク)
19(土)シークレット
20(日)シークレット
21(月・祝)クリタチカコ(ダンス)
22(火)天辺の部屋(トーク)
23(水)西田夏奈子(ライヴ)
24(木)松之木天辺(ライヴ)

*予定は変更の可能性がございます。
詳細は、『パブの中』ブログをご覧下さい。
http://inthepub.cocolog-nifty.com/blog/

期間中同時開催
MAYA from West End スチール写真展
スタッフ 監督・脚本・音楽:松之木天辺
撮影・編集:ビショップ小山
スチール:MAYA from West End
主題歌:「愛を見せて」西田夏奈子
製作・配給:Heaven Films

2010年/日本映画/DV/カラー/59分/with English Subtitles
関西クィア映画祭2010招待作品

[情報提供] 2011/02/01 12:14 by teppen

[最終更新] 2011/03/23 09:07 by teppen

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

teppen

teppen(0)

松之木天辺

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大