演劇

千賀ゆう子企画公演「S」シリーズ Vol.41 坂口安吾生誕100+5年祭

-生れなかった子供・不良少年とキリスト-

演劇

千賀ゆう子企画公演「S」シリーズ Vol.41 坂口安吾生誕100+5年祭

「安吾を語る」

-生れなかった子供・不良少年とキリスト-

千賀ゆう子企画

ストライプハウスギャラリー(東京都)

2011/02/19 (土) ~ 2011/02/20 (日) 公演終了

上演時間:

二人の最初の子供を子宮後屈で生むことが出来なかった、三千代夫人へ向けて-エッセイ「生れなかった子供」。
太宰治の死を受けて書かれた、超・安吾流<太宰論>「不良少年とキリスト」。

恒例となった、年の初めに『安吾を語る』。
5年目の今年は、秀逸な 2作の評論を、チェロ(入間川正美氏)との...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/19 (土) ~ 2011/02/20 (日)
劇場 ストライプハウスギャラリー
出演 加藤翠、木舘愛乃、木下祐子、清水周介、千賀ゆう子、杉村誠子、チェロ:入間川正美氏
脚本 坂口安吾
演出 構成・演出千賀ゆう子
料金(1枚あたり) 2,200円 ~ 2,800円
【発売日】
前売り・当日 2,800円
学生 2,200円
サイト

http://homepage3.nifty.com/senga-unit/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 二人の最初の子供を子宮後屈で生むことが出来なかった、三千代夫人へ向けて-エッセイ「生れなかった子供」。
太宰治の死を受けて書かれた、超・安吾流<太宰論>「不良少年とキリスト」。

恒例となった、年の初めに『安吾を語る』。
5年目の今年は、秀逸な 2作の評論を、チェロ(入間川正美氏)とのセッションで語ります。

三千代夫人の『クラクラ日記』より「生まれなかった子供」も合わせた構成になりました。
同じ事件が夫婦それぞれの目線で語られます。
興味深い作品となりそうです。


語り初心者の方も、安吾にちょっと興味のある方も、もちろんがっつり安吾フリークの方も。
安吾の世界観を浴びに!いらしてください。
その他注意事項 ご予約/お問合せ:
 ストライプハウスギャラリー
 〒106-0032
 東京都港区六本木 5-10-33-3F
 電話 03-3405-8108(11:00~18:30)
 FAX: 03-3403-6354(24H受付) 

*座席数には限りが御座います。お手数ですが必ず事前にお問い合わせ下さい。
*受付開始は開演1時間前。
 開場は開演15分前、受付順となります。
スタッフ

[情報提供] 2011/02/01 01:33 by ぼっこ

[最終更新] 2011/02/12 01:51 by ぼっこ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

ぼっこ

ぼっこ(8)

役者・俳優 制作

急遽出演です。 観にいらしてくださいませ!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大