新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2011/05/29 (日) ~ 2011/06/11 (土) 公演終了

休演日:5/31, 6/1,3,4,6,7,9,10

上演時間:

副題を「恋人たちの学校」というこの作品、異性に対して感情のおもむくままにしていると痛い目にあいますから、理性をお忘れなくという“教育的寓話”とも呼べる作品として誕生しました。このモーツァルトの美しいアンサンブル・オペラには、6人のソリストがみな、同じレベルで優れたアンサンブルを聴かせることが求...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/05/29 (日) ~ 2011/06/11 (土)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 アンナ・サムイル、ダニエラ・ピーニ、エレナ・ツァラゴワ、ディミトリー・コルチャック、アドリアン・エレート、ローマン・トレーケル、ほか
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出 ダミアーノ・ミキエレット
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 23,100円
【発売日】2011/02/12
S:23,100円・A:18,900円・B:12,600円・C:7,350円・D:4,200円・Z:1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000345_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 副題を「恋人たちの学校」というこの作品、異性に対して感情のおもむくままにしていると痛い目にあいますから、理性をお忘れなくという“教育的寓話”とも呼べる作品として誕生しました。このモーツァルトの美しいアンサンブル・オペラには、6人のソリストがみな、同じレベルで優れたアンサンブルを聴かせることが求められます。指揮のパオロ・カリニャーニのアンサンブル作りはウィーン・フィルが絶賛するほどで、その圧倒的な素晴らしさは他の追随を許しません。新国立劇場に集まる粒ぞろいの歌手陣を、若手演出家でもっとも注目されているダミアーノ・ミキエレットがどう動かすのか、注目の新制作公演にご期待ください。

ものがたり

18世紀のナポリ。士官のグリエルモとフェルランドは、美しい姉妹フィオルディリージとドラベッラとそれぞれ婚約している。老哲学者ドン・アルフォンソにそそのかされ、ふたりは恋人の貞操観念をめぐって賭をすることになる。戦場に赴くことになったふりをして偽りの別れを演じた後、嘆き悲しむ姉妹を女中のデスピーナがたしなめていると、アルバニア人に変装したグリエルモとフェルランドが登場し、あの手この手で姉妹を口説く。姉妹の心は次第に揺らぎ、ドラベッラが姉の婚約者グリエルモに、さらに「自分の貞操は岩のように固い」と言っていたフィオルディリージもフェルランドの口説きに陥落してしまう。新しい2組のカップルの結婚式が行われるところに、軍隊(婚約者たち)の帰還が告げられる。姉妹は恋人たちに死ぬ覚悟で罪を告白すると、ドン・アルフォンソが芝居の種明かしをし、婚約者たちはめでたく元の鞘におさまる。
その他注意事項
スタッフ 【指 揮】パオロ・カリニャーニ
【演 出】ダミアーノ・ミキエレット
【美術・衣裳】パオロ・ファンティン
【照 明】アレッサンドロ・カーレッティ
【合 唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

[情報提供] 2011/01/14 10:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/06/06 12:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大