新国立劇場

新国立劇場 中劇場(東京都)

2011/06/25 (土) ~ 2011/07/03 (日) 公演終了

休演日:6/27,28,30

上演時間:

2004年の再演から7年を経て
英国バレエの傑作が待望の再演

シェイクスピアの悲劇『ロメオとジュリエット』は、誕生から400年あまりを経た今も、人々の心を惹き付けてやまない永遠のラブストーリーです。1965年マーゴ・フォンテーンとルドルフ・ヌレエフによって英国ロイヤルバレエで世界初演さ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/06/25 (土) ~ 2011/07/03 (日)
劇場 新国立劇場 中劇場
出演 小野絢子(25日・29日)、リアン・ベンジャミン<英国ロイヤルバレエ>(26日・1日)、本島美和(2日)、酒井はな(3日)、デニス・マトヴィエンコ<マリンスキー劇場>(25日・29日)、セザール・モラレス<英国バーミンガム・ロイヤルバレエ>(26日・1日)、福岡雄大(2日)、山本隆之(3日)、ほか
演出 K.マクミラン
振付 K.マクミラン
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 12,600円
【発売日】2011/03/12
S席 12,600
A席 10,500
B席 7,350
C席 4,200
D席 3,150
Z席 1,500

サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/20000352_ballet.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2004年の再演から7年を経て
英国バレエの傑作が待望の再演

シェイクスピアの悲劇『ロメオとジュリエット』は、誕生から400年あまりを経た今も、人々の心を惹き付けてやまない永遠のラブストーリーです。1965年マーゴ・フォンテーンとルドルフ・ヌレエフによって英国ロイヤルバレエで世界初演されたマクミラン版のドラマチックな舞台は、観る者すべてを虜にする魅力にあふれています。新国立劇場バレエ団ではこのケネス・マクミラン版を2001年10月にレパートリー化。プロコフィエフの音楽と緊密な関係をもって展開されるこのバレエは、マクミランの最高傑作と言われています。今回は、7年ぶりの再演となります。

ものがたり

舞台は北イタリアのヴェローナ、モンタギュー家とキャピュレット家は互いに反目し、抗争を繰り返していた。そんな争いの最中に、モンタギュー家のロメオはキャピュレット家の仮面舞踏会に潜り込み、一人娘のジュリエットに出会う。たちまち恋に落ちた二人は翌日ロレンス神父のもとで密かに結婚式を挙げる。しかし、その直後にロメオの親友マキューシオが、キャピュレット家のティボルトに殺されたため、ロメオはティボルトを殺し復讐を果たす。初夜を過ごした後、ヴェローナからの追放を言い渡されているロメオは旅立つ。残されたジュリエットには、両親が決めた婚約者パリスとの結婚が迫っていた。相談を受けたロレンス神父は一計を案じて、ジュリエットに一時的に仮死状態となる薬を与える。しかし、手違いでその計略がロメオに伝わらず、墓所に眠る恋人のもとへ駆けつけた彼は、絶望し毒をあおって死ぬ。眠りから覚めたジュリエットはロメオの遺体を発見し、ロメオの短剣で胸を刺し、後を追う。
その他注意事項
スタッフ 【音 楽】S.プロコフィエフ
【監 修】D.マクミラン
【舞台美術・衣裳】P.アンドリュース
【照 明】沢田祐二
【指 揮】大井剛史

【管弦楽】東京フィルハーモニー管弦楽団

[情報提供] 2011/01/14 10:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/01/14 10:21 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大