演劇

劇団東京ミルクホール第9回本公演

ビンタン・スラバヤ~それいけ!星の演劇隊~

劇団東京ミルクホール

シアターVアカサカ(東京都)

2007/06/20 (水) ~ 2007/06/24 (日) 公演終了

上演時間:

1942年3月、インドネシアのオランダ軍は日本軍に無条件降伏。オランダによる300年に及ぶインドネシア支配はここに終わりを告げた。

インドネシアの人々は日本をオランダからの“解放者”とみなし熱烈に歓迎する。しかし日本もオランダ同様、植民地支配を目論む“征服者”であった。

さぁて、困...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/06/20 (水) ~ 2007/06/24 (日)
劇場 シアターVアカサカ
出演 哀原友則、北村直也、タカシヤギー蟇油、佐野崇匡、J.K.Goodman、浜本ゆたか、柳生タカシ、コースケ・ハラスメント、吉田十弾
脚本 佐野崇匡
演出 佐野崇匡
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】2007/05/01
前売3,000円/当日3,500円
(日時指定・全席自由・整理番号付)
サイト

http://tokyomilkhall.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1942年3月、インドネシアのオランダ軍は日本軍に無条件降伏。オランダによる300年に及ぶインドネシア支配はここに終わりを告げた。

インドネシアの人々は日本をオランダからの“解放者”とみなし熱烈に歓迎する。しかし日本もオランダ同様、植民地支配を目論む“征服者”であった。

さぁて、困った! 困った! 支配するにはアメとムチ。強い軍隊みせつけたけど、日本が誇れる【文化】とは?
ワビ? サビ? ギンザ? ナニワブシ? フジヤマ? モンペ? こりゃダメだ。ハリウッド映画で豊かな西洋文明を知っているインドネシア人には通用しない。

どうする! どうする!

それじゃあ、お芝居、演劇だ。歌に踊りにコントまで! 楽しいショーが始まれば、戦意昂揚、ニッポンバンザイ、キモノ、サムライ、隣組、なんでもかんでもゴチャ混ぜだ! その名も劇団「ビンタン・スラバヤ」(スラバヤの星)…それは希望の星…星の演劇隊!!

かつて日本軍政・宣撫工作として、インドネシア人を集め旗揚げされ一世を風靡した劇団が存在した。その足跡を追った作家・猪俣良樹氏のノンフィクション『日本占領下・インドネシア旅芸人の記録』(めこん刊)をもとに描かれた話題作。

2007年最初の劇団東京ミルクホール本公演は、<ゲイリー・キャバレスク・実録青春ロード演劇讃歌宣撫工作・ヒストリア>
乞う御期待!!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/05/11 01:58 by 砂利

[最終更新] 2008/11/24 23:59 by めがね

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

ヤギー蟇油

ヤギー蟇油(0)

本公演での客席の盛り上がりっぷりをこの場でお伝えできな...

めがね

めがね(0)

舞台裏のペットボトルの水の減り方、劇団員の汗の量は尋常...

このページのQRコードです。

拡大