演劇

劇団フルタ丸旗揚げ公演

おおまちがい。

劇団フルタ丸

アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F) (東京都)

2002/12/12 (木) ~ 2002/12/14 (土) 公演終了

上演時間:

2つの特殊な学級の卒業式前日を描いた物語。

「ひばり学級」
 親の勝手な都合で、なぜか障害者クラスに入れ
られてしまった健常者の「まさおくん」は、高校
3年生まで、ずっと障害者のフリをして生きてきた。
そのクラスには、ホンモノの障害者「くにおくん」がいた。
その2人と担任の先生...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2002/12/12 (木) ~ 2002/12/14 (土)
劇場 アートスタジオ(明治大学猿楽町第2校舎1F)
出演 フルタジュン、竹原じむ、高橋トモキ、相模時寿、三砂慶明、福澤昌史、高柳峻
脚本 古田淳
演出 古田淳
料金(1枚あたり) 800円 ~ 1,000円
【発売日】2002/11/12
前売り800円
当日1000円
学生の方受付にて学生証提示で当日800円
サイト

http://furutamaru.com/machigai.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2つの特殊な学級の卒業式前日を描いた物語。

「ひばり学級」
 親の勝手な都合で、なぜか障害者クラスに入れ
られてしまった健常者の「まさおくん」は、高校
3年生まで、ずっと障害者のフリをして生きてきた。
そのクラスには、ホンモノの障害者「くにおくん」がいた。
その2人と担任の先生の間には、奇妙な友情が
芽生え始めていたが、「くにおくん」が鳥人間
コンテストに出たい」と我がままを言い出したため、
崩壊を始めてしまう。

「インターナショナル学級」
 一方、インターナショナル学級には、黒人の
「ミサポ」とドイツ白人の「シュルーン」がいた。
ダメな担任を交えての、差別待遇の嵐。ミサポは
シュルーンとお笑いコンビを組んで、吉本に行こうと
約束していたが、担任はシュルーンとコンビを組むという
裏工作をしていた。それが、ミサポにバレて、結局
「トリオで行こうぜ」と話がまとまった。
3人コント『GLAYの楽屋裏』を披露。

 そんな2つのクラスが、音楽担任の林檎先生指揮の元、
卒業式で合唱をすることになった。

 最後の卒業式。
全員で感動的に歌を歌いきる。
この曲は、後々まで名曲と語り継がれている。
その他注意事項
スタッフ 照明 : 山口隼人
音響 : 望月絢一郎
スライド : 広瀬裕子 松島由佳
制作 : 森はるか

[情報提供] 2007/05/08 00:49 by ぺディー君

[最終更新] 2011/08/02 11:29 by ぺディー君

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大