その他

映像パフォーマンスユニット「北中」第2弾

北中+Dance and Media Japan/九州大学大学院芸術工学府富松研究室

その他

映像パフォーマンスユニット「北中」第2弾

physical integration ~身体とメディアの融合~

北中+Dance and Media Japan/九州大学大学院芸術工学府富松研究室

北中

多次元ホール(九州大学大橋キャンパス内)(福岡県)

2007/07/06 (金) ~ 2007/07/08 (日) 公演終了

上演時間:

映像パフォーマンスユニット「北中」第2弾!

Dance and Media Japanと九州大学大学院工学府富松研究室の協力を得て、福岡でも初となるパフォーマンスとメディアを融合する実験的ワークショップ&パフォーマンスを開催します。
異分野であるパフォーマーと映像、音響技術者が数人のグ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/07/06 (金) ~ 2007/07/08 (日)
劇場 多次元ホール(九州大学大橋キャンパス内)
出演 佐成哲夫(sanaridance)
脚本
演出
料金(1枚あたり) 500円 ~ 7,000円
【発売日】
パフォーマンス観覧は、7月8日18:30~。
一般800円、学生500円。

ワークショップ受講料は、3日間通し7,000円(パフォーマンス込み)、1日のみの受講4,000円。
サイト

http://kitachu.jp/pi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 映像パフォーマンスユニット「北中」第2弾!

Dance and Media Japanと九州大学大学院工学府富松研究室の協力を得て、福岡でも初となるパフォーマンスとメディアを融合する実験的ワークショップ&パフォーマンスを開催します。
異分野であるパフォーマーと映像、音響技術者が数人のグループを形成し、期間中に作品の製作、発表までを行ないます。一連の創作過程において参加者がメディアパフォーマンスを体感する事を初期段階の目標とし、創作過程においてパフォーマーにはインプロ(即興)を用いたリアルタイムメディアの演出の存在と認知、その創作方法の提示。映像、音響技術者にはMAX/MSPといったプログラム環境の認知と習得を技術的な目標とします。

※パフォーマーと音響、映像技術者を対象としたワークショップです。
特別なスキルは不要、参加者の能力に応じたサポート、アドバイスをいたします。
その他注意事項
スタッフ Dance and Media Japan プロデューサー / 飯名尚人

sadi(samsung art and design institude)教授 / セオ・ヒョジョン

北中 / 北村功治・中安翌

[情報提供] 2007/05/04 17:05 by フジワラ

[最終更新] 2007/10/01 14:39 by フジワラ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

きたむー

きたむー(28)

制作(というよりは雑用)担当です。 ワークショップと...

フジワラ

フジワラ(0)

役者・俳優

ウェブ情宣を担当しています。 コムズカシイ事は考...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大