オペラ

オペラシアターこんにゃく座公演

オペラ『森は生きている』

オペラシアターこんにゃく座

長崎市公会堂(長崎県)

2010/12/12 (日) ~ 2010/12/12 (日) 公演終了

上演時間:

わがままな女王の気まぐれからはじまった
かごいっぱいの金貨につられたマツユキ草探し
むりやり冬の森に行かされた〈むすめ〉が出会ったのは
〈時間〉をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月まで 十二人の〈月の精〉たちだった
“もえろ もえろ あざやかに”
月たちが歌う焚き火のぬくもり...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/12/12 (日) ~ 2010/12/12 (日)
劇場 長崎市公会堂
出演 大石哲史、髙野うるお、井村タカオ、北野雄一郎、沢井栄次、豊島理恵、鈴木裕加、相原智枝、萩千尋、花島春枝、沖まどか、齊藤路都、ピアノ…大坪夕美
作曲 林光
演出 髙瀬久男
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】
おとな 3,000円(当日3,500円)*中学生以上
幼児・小学生 2,000円(当日2,500円)
全席自由
サイト

http://www.konnyakuza.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 わがままな女王の気まぐれからはじまった
かごいっぱいの金貨につられたマツユキ草探し
むりやり冬の森に行かされた〈むすめ〉が出会ったのは
〈時間〉をつかさどる自然のまもり手
一月から十二月まで 十二人の〈月の精〉たちだった
“もえろ もえろ あざやかに”
月たちが歌う焚き火のぬくもりのなかで
〈むすめ〉はなにをもらったか?
女王はなにを学んだか?

ロシアの児童文学をもとにオペラ化された、オペラ『森は生きている』。
大晦日の森を舞台に繰り広げられる、人と人、人と自然の関わりを描く、ハートウォーミングなオペラです。
その他注意事項
スタッフ 原作:サムイル・マルシャーク
訳:湯浅芳子

台本:林光

美術:松井るみ
衣裳:出川淳子
照明:中山奈美
振付:新海絵理子

[情報提供] 2010/11/24 18:14 by nanako

[最終更新] 2010/11/24 18:20 by nanako

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大