演劇

第10回公演

(再演)

Nazca -ナスカ-

デザイン:安藤理樹・カトウリョウ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第10回公演

Nazca -ナスカ-

(再演)

劇団銀石

吉祥寺シアター(東京都)

2011/08/18 (木) ~ 2011/08/21 (日) 公演終了

上演時間:

これは、地上絵から果てへと飛び立つ物語
飛び立ったきり、かえってこない物語


生きていれば、生きてさえいれば、いつかまた、どこかで会える日がくるかもしれない。
その日を思って、願いをこめて、手紙を出してみるのもいい。
きっと返事を受け取ることができるだろう。
その「やりとり」は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/08/18 (木) ~ 2011/08/21 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 ながみねひとみ(第6ボタン)、樋口雅法、深井敬哲(イトマキエイ)、守山真利恵、山内大輔、斉藤マッチュ、内山唯美、浅利ねこ(以上、劇団銀石)、安藤理樹(PLAT-formance)、飯田征寛、大森美里(劇団大森美里)、加藤ひろたか(帝京大学ヴィクセンズシアター)、加藤諒、熊谷有芳、紺野タイキ(FLIPLIP)、佐治静、佐野功
脚本 佐野木雄太
演出 佐野木雄太
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 7,500円
【発売日】2011/06/20
予約 一般 3,000円
   学生 2,500円(要学生証提示)
   団体(3名1組) 7,500円 
   平日昼 2,000円(要予約)
   ※当日券は各500円増

 ※日時指定・全席指定
 ※学生券をご予約のお客様は学生証をご持参ください。
 ※団体券はご予約のみ・3枚1組での取り扱いとなり、1枚あたり2,500円です。
サイト

http://gekidan-ginseki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 これは、地上絵から果てへと飛び立つ物語
飛び立ったきり、かえってこない物語


生きていれば、生きてさえいれば、いつかまた、どこかで会える日がくるかもしれない。
その日を思って、願いをこめて、手紙を出してみるのもいい。
きっと返事を受け取ることができるだろう。
その「やりとり」は、取るに足らない交信でしかないかもしれないけれど、
きっとかけがえのない「足跡」を心に残す。

二度と会えない人がいる。
もう絶対に会えない人がいる。
そんな人に向けて、手紙を出してみる。
返事が返ってこないのはわかってる。
「やりとり」は生まれず、交信は行ってこいのまま、「足跡」は自分がつけたものばかりだ。

けれども、そうとわかっていても、手紙を書き続けることしかできない。
そうすることが、自分の存在の確かな「足跡」でしかないからだ。

手紙は大きいほうがいい。宇宙の果てからでも見えるから。
死んでしまった人にさえ、見つけてもらえるかもしれないから。

ナスカの地上絵は、そんな行ったきりの「足跡」だ。
絶対に届かないはずの、世界一大きな彼方への手紙だ。


作・演出 佐野木雄太
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 : 城野 健
美術・照明 : 城野 健+創材屋
照明オペレーター : 久津美太地
大道具製作 : 橋本有希
音   響 : 岡田 悠(One-Space)
音   楽 : 吉田 能(花掘レ)、瀬奈ヒロキ
映   像 : 荒船泰廣(Sushi-film)
衣   裳 : 浅利ねこ(劇団銀石)
演出助手 : 郡司直樹
宣伝美術 : 安藤理樹、カトウリョウ
写真撮影 : 奥山 郁
制   作 : 清水美峰子(劇団銀石)
企画・製作 : 劇団銀石

[情報提供] 2010/11/05 01:24 by ガリクソン

[最終更新] 2012/01/05 22:58 by ガリクソン

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー12

吉田能

吉田能(0)

役者・俳優 演奏(ピアノ) 作曲 宣伝美術

作曲します。あと生でピアノ弾きますよ。

sanoki

sanoki(2)

作演出です。 思い、願い、祈り続けたナスカ再演。しか...

ダイソン

ダイソン(0)

出演します。吉祥寺でお会いしましょう。頑張ります。

このページのQRコードです。

拡大