演劇

劇団銅鑼公演No.40

沢内、いのちを紡ぐ道は続く

カタクリの花の咲く頃

デザイン:山口拓三(Garowa Graphico)

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団銅鑼公演No.40

カタクリの花の咲く頃

沢内、いのちを紡ぐ道は続く

劇団銅鑼

俳優座劇場(東京都)

2011/02/23 (水) ~ 2011/02/27 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

かつて豪雪に閉ざされていた岩手県沢内村は、住民自治の力で雪を押しのけ道を切り拓き、老人医療の無料化、乳児死亡“ゼロ”を実現し、全国から注目された。その後村は隣接する湯田町と合併し西和賀町となった。
春、西和賀町。いつも誰となく集ってくる賑やかな川村家。夫亡き後、家を出て行った長女・陽子といつ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/23 (水) ~ 2011/02/27 (日)
劇場 俳優座劇場
出演 菊地佐玖子、千田隼生、郡司智子、栗木純、三田直門、井上太、久保田勝彦、佐藤響子、竹内奈緒子、永井沙織、渡部不二実、中山陽介、野内貴之、女部田裕子
脚本 栗木英章
演出 山田昭一
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】2010/11/22
一般4500円 グリーン(65歳以上)4050円 学生3000円
セット券12000円(3枚1組) 23日のみ全席3000円
サイト

http://www.gekidandora.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 かつて豪雪に閉ざされていた岩手県沢内村は、住民自治の力で雪を押しのけ道を切り拓き、老人医療の無料化、乳児死亡“ゼロ”を実現し、全国から注目された。その後村は隣接する湯田町と合併し西和賀町となった。
春、西和賀町。いつも誰となく集ってくる賑やかな川村家。夫亡き後、家を出て行った長女・陽子といつ帰って来るかもわからない長男・正夫を気にかけながら、嫁・道代、孫・満と三人、明るく逞しく暮らす主の文子。
ある日、陽子が十数年ぶりに沢内へ帰ってくる・・・。
川村家を舞台に、別々の道を歩いていた人々の人生が交錯する10日間の物語。
 
その他注意事項 未就学児・お車でのご来場はご遠慮ください。
26日14時・27日14時のみ視覚障がい者向けイヤホンガイド付き公演。
障がい者の方は付添1名様ご招待。
スタッフ 美術/内山勉
照明/山内晴雄
音楽/寺田鉄生
効果/木内拓
衣裳/広野洋子
舞台監督/稲葉対介
演出助手/館野元彦
舞台監督助手/鈴木正昭
宣伝美術/山口拓三(Garowa Graphico)
制作/佐久博美 田辺素子

[情報提供] 2010/10/21 00:44 by 劇団銅鑼

[最終更新] 2011/02/26 00:03 by 劇団銅鑼

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

むっち

むっち(2)

劇団銅鑼の制作です。今回は、サブでついてます。

108

108(6)

私めが所属しておる劇団の東京公演でござんす。 新作で...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大