舞踊・バレエ

KYOTO EXPERIMENT フリンジ【HAPPLAY】ダンス2本立て 参加作品

純白のスープ皿の完璧な配置

デザイン:岡本優

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

KYOTO EXPERIMENT フリンジ【HAPPLAY】ダンス2本立て 参加作品

純白のスープ皿の完璧な配置

Baobab

アトリエ劇研(京都府)

2010/11/09 (火) ~ 2010/11/10 (水) 公演終了

上演時間:

あまりに凛とした姿に足がすくむすくむ。一歩引いて眺めて向き直ってたじろぐ。 背後には人、人。 誰にも手出しが出来ない。ただただ群がる。群がーる。


 北尾君へのエールとして北尾君の創るものについて考えてみた。今のところ、一作ごとにいろんな面を観せている。良く言えば『可能性の宝庫』、厳し...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/09 (火) ~ 2010/11/10 (水)
劇場 アトリエ劇研
出演 北尾亘、米田沙織、色川奈津子、浅川千絵、古屋恭平、大石憲、木村愛子
演出 北尾亘
振付 北尾亘
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2010/09/20
前売 2,000円
当日 2,500円
サイト

http://kyoto-ex.jp/happlay/699/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あまりに凛とした姿に足がすくむすくむ。一歩引いて眺めて向き直ってたじろぐ。 背後には人、人。 誰にも手出しが出来ない。ただただ群がる。群がーる。


 北尾君へのエールとして北尾君の創るものについて考えてみた。今のところ、一作ごとにいろんな面を観せている。良く言えば『可能性の宝庫』、厳しく言えば『未だ定らない方向性』。しかし当然だろう。どうやったら自分の本音に近い事が描けるのか…。試行錯誤は当たり前だ。そんな北尾君だが、実はあることに優れている。それは、他者から本音を引き出すということ。だから彼の作品に参加した人間たちは皆、本音を投入させられてしまう(ように見える)。実に生き生きと本音(丸出し)で立つ(ように見える)。この「その気にさせる」は、案外プロでも難しいことだと思うので感心する。しかも北尾はこれを本能的にやってしまうようにさえ見える。ここに、北尾君の創作回路の【ミソ】が潜んでいるように思えるのだ。つまり他者の本音を介して自分の本音にたどり着く、という回路の【ミソ】。そう考えると、北尾君の創り出す世界に立ち会うのが、またグンと楽しみに思えてくる。
舞踊家・桜美林大学准教授 木佐貫邦子
その他注意事項
スタッフ 【制作】清水美峰子 【宣伝美術】岡本優 【演出助手】目澤芙裕子

【舞台監督】外村雄一郎 【照明】池辺茜 【音響】大西博樹

[情報提供] 2010/10/13 23:34 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/10/18 21:23 by 岡本優

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

岡本優

岡本優(0)

宣伝美術/撮影 として、関わらせていただいております。

北尾亘

北尾亘(0)

振付・構成をさせてもらっております。 見たくても存在し...

カネダ

カネダ(0)

役者である僕の身体を見よ!色白の脚を見よ!(大石憲)

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大