演劇

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

2011/01/04 (火) ~ 2011/01/26 (水) 公演終了

休演日:1/6,13,17,24

上演時間:

白い砂浜のむこうの行列、あれはお葬式?あんなに静かに、冥土の旅のように。
それとも結婚式?あんなに揺れて、陽炎のように。
これはみんな、fool-阿呆たちが観ている夢です。fool-阿呆たちの影が奏でる音楽です。

伝説の音楽劇「上海バンスキング」の16年ぶりの再演、そして農民ラッ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/04 (火) ~ 2011/01/26 (水)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 松たか子、石丸幹二、りょう、荻野目慶子、大森博史、真那胡敬二、小西康久、酒向芳、内田紳一郎、片岡正二郎、目黒陽介、小春、片岡亀蔵、串田和美、笹野高史
脚本 串田和美
演出 串田和美
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 9,500円
【発売日】2010/10/30
S¥9,500 A¥7,500 コクーンシート¥5,000 (税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/shosai_10_juniya.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 白い砂浜のむこうの行列、あれはお葬式?あんなに静かに、冥土の旅のように。
それとも結婚式?あんなに揺れて、陽炎のように。
これはみんな、fool-阿呆たちが観ている夢です。fool-阿呆たちの影が奏でる音楽です。

伝説の音楽劇「上海バンスキング」の16年ぶりの再演、そして農民ラップを渋谷にを響かせたコクーン歌舞伎「佐倉義民傳」と、2010年のシアターコクーンを沸かせた串田和美が、2011年の幕開けに手がけるのは、主演に松たか子を迎えたシェイクスピア、ロマンティック・コメディ「十二夜」。船の遭難で離れ離れになった双子の兄妹の周りでこんがらがっていく複雑な片思いの糸。シニカルないたずらや馬鹿騒ぎのあげく、劇的に糸が解けてハッピーエンドというストーリーではありますが・・・。
センス溢れる演出と魅力的な俳優陣によって、はたしてどんな夢の跡が残るのか!?
音楽と笑いとウィットを盛り込んだ、この世に二つとない上質な喜劇の誕生にぜひご期待ください!!
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 原作:W.シェイクスピア
翻訳:松岡和子
音楽:つのだたかし

[情報提供] 2010/10/02 08:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/30 11:42 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大