演劇

劇団青年座 第200回公演

黄昏

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団青年座 第200回公演

黄昏

劇団青年座

紀伊國屋ホール(東京都)

2010/11/20 (土) ~ 2010/11/28 (日) 公演終了

上演時間:

アメリカ北東部ニューイングランド地方。大小の湖とそれを取り囲むように緑深い森が広がる。 ゴールデンポンドと呼ばれる湖もその中にあった。朝夕に照らし出される湖面は《黄金》に輝き、 湖畔の閑静な別荘は都会の喧騒から離れ一夏を過ごす人々の安らぎの場であった。間もなく 80歳を迎えるノーマンは、忍び寄...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/20 (土) ~ 2010/11/28 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 津嘉山正種、岩倉高子、田中耕二、那須佐代子、横堀悦夫、薄衣峻平(劇団ひまわり)
脚本 たかしまちせこ
演出 伊藤大
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,500円
【発売日】2010/10/20
一般 5,500円
ゴールデンシート(65歳以上) 5,000円 青年座のみ取扱
学生券 ※当日受付清算のみ 3,500円 青年座のみ取扱
サイト

http://www.seinenza.com/performance/public/200.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アメリカ北東部ニューイングランド地方。大小の湖とそれを取り囲むように緑深い森が広がる。 ゴールデンポンドと呼ばれる湖もその中にあった。朝夕に照らし出される湖面は《黄金》に輝き、 湖畔の閑静な別荘は都会の喧騒から離れ一夏を過ごす人々の安らぎの場であった。間もなく 80歳を迎えるノーマンは、忍び寄る老いと「その時」に怯え苛立っていた。そして妻エセルは 夫のことが気がかりでならない。
ある日、父を愛しながらも、心通わぬまま家を飛び出した一人娘チェルシーが、新しい恋人と 彼の息子を伴って8年ぶりに帰ってきた。この少年との交流を通して、老夫婦の心は、 ゴールデンポンドに広がる波のように静かに揺れ動き始める……。
その他注意事項
スタッフ 作=アーネスト・トンプソン
美術=島次郎
照明=中川隆一
音楽=和田薫
音響=城戸智行
衣裳=前岡直子
舞台監督=安藤太一
製作=森正敏・紫雲幸一


[情報提供] 2010/09/27 08:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/11/27 12:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大