演劇

劇団俳優座LABO20周年記念公演 第3弾 LABO公演 vol.27

山火

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団俳優座LABO20周年記念公演 第3弾 LABO公演 vol.27

山火

劇団俳優座

劇団俳優座5F稽古場(東京都)

2010/10/17 (日) ~ 2010/10/24 (日) 公演終了

上演時間:

1951年、朝鮮戦争休戦会談中の山村。
戦争に人手を取られ、男一人いなくなった山村では、残された女達が村の出入りが制限されわずかな食料も山に潜むパルチザンに奪われる中、閉塞した日々を過ごしていた女たちの元に、自由を求めて1人の男が逃げ込んでくるのだが。
LABO公演初の韓国作品として、戦争...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/17 (日) ~ 2010/10/24 (日)
劇場 劇団俳優座5F稽古場
出演 神山寛、中吉卓郎、矢野和朗、三浦英明、芦田崇、田中孝宗、吉田賢太、天野眞由美、斎藤深雪、山下裕子、山本順子、長浜奈津子、安藤みどり、山本祐梨子、浅川陽子、太田亜希、安藤聡海、野上綾花、小林亜美、森根三和
脚本 車凡錫(チャ・ボムソク)
演出 亀井光子
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,500円
【発売日】2010/09/01
一般3500円、学生3000円、後援会員2800円
サイト

http://haiyuza.co.jp/info/labo27.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1951年、朝鮮戦争休戦会談中の山村。
戦争に人手を取られ、男一人いなくなった山村では、残された女達が村の出入りが制限されわずかな食料も山に潜むパルチザンに奪われる中、閉塞した日々を過ごしていた女たちの元に、自由を求めて1人の男が逃げ込んでくるのだが。
LABO公演初の韓国作品として、戦争に翻弄される人々の愛憎と実存を描いた韓国リアリズム演劇の金字塔「山火」をお送り致します。
その他注意事項
スタッフ 翻訳 :木村 典子
美術 :佐々波 雅子          
照明 :桜井真澄            
音響 :勝見淳一
宣伝美術 :田中 孝宗
舞台監督 :葛西 百合子
制作 :LABO委員会 白鳥 純一 

[情報提供] 2010/09/25 23:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/10/21 10:56 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大