演劇

住吉神社式年遷宮大祭記念 劇団アントンクルー第12回公演 アントン・チェーホフ生誕150年記念

アントンクルーのワーニャ’

デザイン:尾北 尚洋

0 お気に入りチラシにする

演劇

住吉神社式年遷宮大祭記念 劇団アントンクルー第12回公演 アントン・チェーホフ生誕150年記念

アントンクルーのワーニャ’

劇団 アントンクルー

住吉神社・能楽殿(福岡県)

2010/11/16 (火) ~ 2010/11/18 (木) 公演終了

上演時間:

【 上演にあたって 】
『田舎の生活の情景』と作者によってコメントされた「ワーニャ伯父さん」(全四幕)を原作として、ギュギュッと凝縮しました。
チェーホフの描きたかった、愚かしくも愛おしい人間の様相を五人の役者が演じます。
「住吉神社能楽殿」で描かれる「ワーニャ’」は、能舞台ならでは...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/16 (火) ~ 2010/11/18 (木)
劇場 住吉神社・能楽殿
出演 勘タン、岩井眞實、栃原純司、小松マキ、亀岡紋加
脚本 【原作】アントン・P・チェーホフ、【翻訳】岩井眞實
演出 安永史明
料金(1枚あたり)
【発売日】
□ 一般 当日 2,500円(前売2,000円)
□ 学生 当日 2,000円 (前売1,500円)
□ ペアチケット 3,500円(前売のみ)
□ 障がい者チケット 1,000円(前売のみ)
※前売チケットは日時指定となります。
サイト

http://www.geocities.jp/antoncrew

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【 上演にあたって 】
『田舎の生活の情景』と作者によってコメントされた「ワーニャ伯父さん」(全四幕)を原作として、ギュギュッと凝縮しました。
チェーホフの描きたかった、愚かしくも愛おしい人間の様相を五人の役者が演じます。
「住吉神社能楽殿」で描かれる「ワーニャ’」は、能舞台ならではの上演作品となります。
平日の夜、仕事帰りに芝居を観る楽しみがあると良いですね、というコンセプトです。
役者は、第2回福岡演劇フェスティバルで絶賛された男優陣をはじめとして、すべてアントンの固有メンバー。
演出は2年ぶりに安永史明が担当します。
その他注意事項
スタッフ 【制作】矢野加奈子、【舞台監督】牛嶋香穂里 ほか

[情報提供] 2010/09/19 07:54 by zoe-fukuoka

[最終更新] 2010/11/19 01:15 by zoe-fukuoka

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

zoe-fukuoka

zoe-fukuoka(1171)

役者・俳優 制作 当日運営

みなさん、是非ご来場下さい。お待ちしております。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大