演劇

第伍回放演

檸檬

劇団「放電家族」

ナンジャーレ(愛知県)

2010/10/09 (土) ~ 2010/10/10 (日) 公演終了

上演時間:

10月9日(土) 15:00/19:00
10月10日(日) 11:00/15:00/19:00
※開場は開演30分前
※当日券は開演15分前より受付開始


―あの日、僕は高校生だった―
2001年、僕は「憂鬱」という言葉を知りませんでした。教室、体育館、運動場、プール。新設校...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/09 (土) ~ 2010/10/10 (日)
劇場 ナンジャーレ
出演 桐原工務店、いまいΣ、真臼ねづみ、結城ゼミナール、西園寺すこんぶ、本山葵、天野順一朗、覚前遥(少年ボーイズ)、中内こもる(劇団中内(仮)/クリアレイズ)
脚本 天野順一朗
演出 天野順一朗
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,500円
【発売日】2010/09/13
前売・当日とも

一般:1,500円
中高生:1,000円※要学生証提示

日時指定・全席自由
サイト

http://houdenkazoku.com/next

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 10月9日(土) 15:00/19:00
10月10日(日) 11:00/15:00/19:00
※開場は開演30分前
※当日券は開演15分前より受付開始


―あの日、僕は高校生だった―
2001年、僕は「憂鬱」という言葉を知りませんでした。教室、体育館、運動場、プール。新設校とは言え、当時で創立30周年を迎えた田舎の公立高校は、お世辞にも美しいとは言えない、ややくすんだ色を纏っていたけれど、今思い返してみると思い出の1シーン1シーンがキラキラと輝いて、あの頃の僕もキラキラしていたんじゃないかと、あれ、ひょっとして僕は恒星なんじゃねぇかと思うくらいに若さという、17歳の暴力的な発光体だったのです。

2010年、僕は愛知の片隅でぐつぐつなっている。色々と積み重ねてきたものが、いくらその体積はちっぽけなもんだとしても、それでも僕の両肩にズッシリと乗っかかって、後ろめたさだったり、責任放棄だったり、現実逃避って落書きを背中に背負い込んで26歳になりました。あの頃よりも多少は世界の形がわかってきていて、今更ながらに気付く事も多く、過去の自分からの問いへ言い訳染みた答えを出してみたり、そんなここ最近なのです。

国語の教科書に小説、梶井基次郎の『檸檬』を見つけたのが2001年だったか2002年だったか、あの作品が強烈に僕の心を揺さぶって以来、僕はすっかり梶井作品に嵌ったワケで、いつかそれを舞台にしたいという念願を叶えるため、今回、『檸檬』を下敷きに作品を書いてみました。でも、書き直していくうちに全然違うものになってしまいました。あれー。

あの頃、高校生だった僕と、今の僕。2001年と2010年の間で対話してみた結果、こんなお芝居になりました。興味がありましたら是非。劇場にてお待ちしております。

天野順一朗
その他注意事項 未就学児童の入場はお断りします。
予約状況により当日券がでない場合があります。
スタッフ 【音響】武田萬
【照明】瀧泉千尋(フリー)
【宣伝美術】國枝毅士(劇団わがままキッドナッパー)
【舞台監督】はせがわ工務店

[情報提供] 2010/09/09 05:22 by 天野順一朗

[最終更新] 2011/01/17 06:01 by 天野順一朗

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

はせがわ工務店

はせがわ工務店(5)

どうも。はせがわ工務店です。

Σ

Σ(0)

初舞台、がんばります。

天野順一朗

天野順一朗(0)

役者・俳優 お笑い 脚本 演出 美術 映像

よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大