演劇

七つの大罪シリーズ4/7

Greed -グリード[貪欲]-

演劇レーベルBo″-tanz

小劇場てあとるらぽう(東京都)

2010/09/23 (木) ~ 2010/09/27 (月) 公演終了

上演時間:

池袋で起きた<狙撃未遂事件>の後、行方知れずとなったアイドル・松沼真弥の行方を捜査する警視庁捜査一課特捜班の剣崎龍太。松沼真弥は、若年層を中心に蔓延する違法ドラッグ<エンジェル・バイト>の供給の黒幕であり、政界との癒着が噂されるロリータ・デートクラブ<プリティ・エンジェル>にも深く関与している...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画3

すべて見る

演劇レーベルBö-tanz第34回公演『七つの大罪シリーズ4/7 Greed -グリード[貪欲]-』で用いられた劇中映像。サウンドトラックは「mib126/凛として時雨」。「凛として時雨」はかっこええですね。つーか、この曲からこのシーンがインスパイアされたわけで。カビに感染したアイドル松沼真弥が初めて眼帯を外すシーン。角膜が白濁した右目が怖すぎです。Zippoに灯を灯し、世界最古の回転木馬に火を付けます。ガソリンを吸ったウッドデッキにZippoが墜ちると、爆発的に炎が広がるって流れです。映像が「尻切れトンボ」になっているのは、この後の舞台は(映像ではなく)照明さんに託されたからに他なりません。爆発炎上する回転木馬。舞台は真っ赤に燃え上がります。モウモウとする煙の向こう側から、復讐に狂った青葉会要組の「川崎翔」が客席に溢れんばかりに転がり出てきます。うーん。素敵なシーンだったね(って、見てない人にはなんのこっちゃ分からないと思いますが・・・ すんません)。

公演詳細

期間 2010/09/23 (木) ~ 2010/09/27 (月)
劇場 小劇場てあとるらぽう
出演 木村淳、高橋彰規、羽鳥友子
脚本 はなださとし
演出 はなださとし
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
前売り:\3000/当日:\3500/立ち見:\2500
サイト

http://bo-tanz.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 池袋で起きた<狙撃未遂事件>の後、行方知れずとなったアイドル・松沼真弥の行方を捜査する警視庁捜査一課特捜班の剣崎龍太。松沼真弥は、若年層を中心に蔓延する違法ドラッグ<エンジェル・バイト>の供給の黒幕であり、政界との癒着が噂されるロリータ・デートクラブ<プリティ・エンジェル>にも深く関与しているとされる天宮儀(あまみや・きたる:通称「エンジェル」)の所在を知る唯一の手がかりだからだ。一方、渋谷では<エンジェル・バイト>が既存のものとは異なる新たな流通経路で流れ始めたとの情報があった。「横流し」とも考えられる「入手ルート」を探るべく内偵を行っていた梯鳥信司ら麻薬取締官(通称「麻取」)は、流通に関与した人間がみな「カビに感染している事実」に気付く。その病原性のカビは致死性が高いことから、過去コロンビアでコカの違法栽培の根絶に米国が使用したとされるバイオ系枯葉剤<エージェント・グリーン>ではないかとの疑惑も浮上する。<エージェント・グリーン>とは、米国バイオ企業・アグリバイオ社が遺伝子操作により作り出した<病原性菌類フザリウム・オキシスポラムAGX株>の事であり、人へ感染し命を奪うだけではなく、日本国内の農作物を全滅させる危険性のある最悪のバイオ兵器と言えた。失踪した<アイドル>、横流しされた<エンジェル・バイト>、バイオ系枯葉剤<エージェント・グリーン>。バラバラのパズルのピースが、やがてひとつに結びついていく…
その他注意事項
スタッフ 【照明】島田康和[S. P. C] 
【音響】畠山慎一
【音楽】諏訪裕太郎[Turtlemusee]
【映像】IPPEI、原裕一郎 & はなださとし
【舞台装置】高橋工務店
【衣裳】パトリック・ファブリック
【制作】演劇レーベルBö-tanz

[情報提供] 2010/08/12 14:30 by 真美子

[最終更新] 2011/04/26 11:47 by はなださとし

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大