オペラ

新国立劇場

新国立劇場 オペラ劇場(東京都)

2011/02/04 (金) ~ 2011/02/06 (日) 公演終了

上演時間:

尾高オペラ芸術参与(次期オペラ芸術監督予定者)の任期においても、毎シーズン日本人作曲家による名作を堪能していただきます。『夕鶴』は700回以上上演されている日本オペラの不朽の名作です。2000年栗山民也(新国立劇場前演劇芸術監督)が初めてオペラ演出を手がけたプロダクションで、民話の世界から、普...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/02/04 (金) ~ 2011/02/06 (日)
劇場 新国立劇場 オペラ劇場
出演 ほか、釜洞祐子、腰越満美、経種廉彦、小原啓楼
作曲 團伊玖磨
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 15,750円
【発売日】2010/09/18
S:15,750円・A:12,600円・B:8,400円・C:6,300円・D:3,150円・Z:1,500円
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/20000341_opera.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 尾高オペラ芸術参与(次期オペラ芸術監督予定者)の任期においても、毎シーズン日本人作曲家による名作を堪能していただきます。『夕鶴』は700回以上上演されている日本オペラの不朽の名作です。2000年栗山民也(新国立劇場前演劇芸術監督)が初めてオペラ演出を手がけたプロダクションで、民話の世界から、普遍的な人間ドラマを描きだしています。「限りなく美しく、透明な舞台美術にしたい」という演出家が創りだした舞台は、能舞台をイメージしたシンプルで大きな空間。これは、つうの本当の家である“空”を表し、演出のテーマとなっています。高度な譜面考察のエキスパートとも呼べる高関健の指揮や、美しい日本語を丁寧に歌い上げる歌手陣にも、どうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 【指 揮】高関 健
【演 出】栗山民也
【美 術】堀尾幸男
【衣 裳】植田いつ子
【照 明】勝柴次朗

[情報提供] 2010/07/18 16:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/07/18 16:35 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大