心日庵+SYMBION

ザ・ポケット(東京都)

2010/09/01 (水) ~ 2010/09/05 (日) 公演終了

上演時間:

1938年にニューヨークで初演されて以来、今日まで世界中で上演され続けてきたピュリッツァー賞受賞作品『わが町』(ソーントン・ワイルダー作)。
その設定を、千葉県の舞浜に置き換え、昭和50年代からバブル期を経て新しい世紀を迎えるまで、町やそこに生きる人々の生活、ひいては日本の時代の推移を折り込...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/01 (水) ~ 2010/09/05 (日)
劇場 ザ・ポケット
出演 内田雅樹、服部晃大、辻しのぶ、里中あや、小此木大、西村清孝、岩瀬あき子、荷川取良樹、松田温子、木村八重子、阿部竜一、岡本高英、金山美由紀、佐藤由美、所広之、小峰悠子、藤本絵美、たんじだいご、他
脚本 菊池一寛
演出 たんじだいご、菊池一寛、倉持一裕
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】2010/08/10
前売り 3500円 当日 3800円
★9月2日14:00の回のみ 3000円

【ユース公演】
9月3日14:00の回 / 9月4日19:00の回 / 9月5日12:00 の回
前売 2500円 当日 2800円
サイト

http://www.symbion11.com/home.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1938年にニューヨークで初演されて以来、今日まで世界中で上演され続けてきたピュリッツァー賞受賞作品『わが町』(ソーントン・ワイルダー作)。
その設定を、千葉県の舞浜に置き換え、昭和50年代からバブル期を経て新しい世紀を迎えるまで、町やそこに生きる人々の生活、ひいては日本の時代の推移を折り込み、誕生、家族、恋愛、結婚、そして死――人生の普遍的なテーマを描く感動作!
2004年に上演して好評を博した作品が、2010年9月、再び心日庵によって蘇ります。
その他注意事項
スタッフ 【照明】大村真一 【音響】平井隆史(末広寿司)
【舞台美術】吉野章弘 【舞台装置】アントン井上 
【宣伝美術】仲田天使。 【宣伝写真】斉藤シンヤ 
【舞台撮影】UTB映像アカデミー 松澤和行
【音楽提供】加藤多門
【舞台監督】田中晶 【制作】スリーデイズ 

【協力】サイアンインターナショナル 新田夏目
シアターシャイン 中村篤史

【企画・制作】心日庵+SYMBION(シンビアン)

[情報提供] 2010/07/13 03:17 by

[最終更新] 2010/07/26 03:13 by

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

akira0596

akira0596(0)

舞台監督として携わっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大