風琴工房

ザ・スズナリ(東京都)

2010/10/06 (水) ~ 2010/10/13 (水) 公演終了

上演時間:

「今日の夕方には帰ります」
とあかるい声で告げた一人娘は
ついに帰ってはこなかった。
その日、消息をたち、山中に墜落した航空機に
娘は搭乗していたのだ。

企業の研究者であった父親は、
航空機事故を繰り返さないこと、
そして万一起こってしまった場合の生存者を
ひとりでも多くす...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/10/06 (水) ~ 2010/10/13 (水)
劇場 ザ・スズナリ
出演 佐藤誓、山口雅義、岡森諦(扉座)、多門勝(THESHAMPOOHAT)、根津茂尚(あひるなんちゃら)、岡本篤(劇団チョコレートケーキ)、清水穂奈美、浅倉洋介、津田湘子、松木美路子
脚本 詩森ろば
演出 詩森ろば
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 6,000円
【発売日】2010/08/29
前売 3300円 当日 3500円
学生 2300円 学生当日 1000円
障碍 1500円 ペア 6000円
平日はじめて割 2人一組 3300(10組限定)
ありがとう割 2800円 9月20日までに入金の方適用
サイト

http://windyharp.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「今日の夕方には帰ります」
とあかるい声で告げた一人娘は
ついに帰ってはこなかった。
その日、消息をたち、山中に墜落した航空機に
娘は搭乗していたのだ。

企業の研究者であった父親は、
航空機事故を繰り返さないこと、
そして万一起こってしまった場合の生存者を
ひとりでも多くすることを目指し、
徹底的な事故の解析を求めて奔走した。

その戦いは、加害企業はもとより、
被害者からも賛同を得られず時に批判を受ける。
しかし、
「小さなことから実践する」
ということをポリシーに誠実に科学的に事故に向かう男の姿が、
少しずつひとの心を動かしていく。

「葬送の教室」は、
実際にあった巨大航空機事故の悲劇を、
「事故を活かす」という視点から捉えなおした
詩森ろばの新作戯曲です。
その他注意事項 10/10日(日)19時
10/11日(月・祝)15時の終演後、
演出家とゲストによるアフタートークがございます。
スタッフ 【舞台美術】杉山至+鴉屋 
【照明】榊美香(有限会社アイズ)
【音響】青木タクヘイ(STAGE OFFICE)
【舞台監督】小野八着(JET STREAM)
【演出助手】五十嵐勇
【チラシ・WEB】詩森ろば
【制作】池田智哉(feblabo)
【企画・製作】ウィンディ・ハープ・ファクトリー

[情報提供] 2010/07/01 18:36 by ふぇぶ

[最終更新] 2010/12/19 08:46 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー4

ねづお

ねづお(0)

役者・俳優

2度目。出演させていただきます。

湘子

湘子(0)

出演します。よろしくお願いします。

ろば

ろば(0)

脚本 演出

作家と演出家です。

このページのQRコードです。

拡大