演劇

劇団俳優座公演No.305

樫の木坂四姉妹

劇団俳優座

シアターX(カイ)(東京都)

2010/09/20 (月) ~ 2010/10/03 (日) 公演終了

上演時間:

 その坂道は樫の木坂と呼ぶ。長崎港を望む坂の中腹に樹齢数百年を超える樫の老木があるからだ。人々はその威風をたたえ、神木として保存してきた。だがその老木も1945年8月9日の原爆投下で息絶えてしまったと思われたが、翌年の春、一枚の葉を芽吹かせた。今では道端からこの物語の舞台にある葦葉家の庭先まで...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/20 (月) ~ 2010/10/03 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 大塚道子、岩崎加根子、川口敦子、河原崎次郎、武正忠明、脇田康弘、平田朝音、大庭藍、桂ゆめ、小澤英恵、小澤木の実
脚本 堀江安夫
演出 袋正
料金(1枚あたり) 3,675円 ~ 5,250円
【発売日】2010/07/28
一般[A席]:5,250円、一般[B席]:4,200円、学生<B席のみ>:3,675円
サイト

http://www.haiyuza.co.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  その坂道は樫の木坂と呼ぶ。長崎港を望む坂の中腹に樹齢数百年を超える樫の老木があるからだ。人々はその威風をたたえ、神木として保存してきた。だがその老木も1945年8月9日の原爆投下で息絶えてしまったと思われたが、翌年の春、一枚の葉を芽吹かせた。今では道端からこの物語の舞台にある葦葉家の庭先までみごとな葉群を広げていた。
 2000年、長崎は夏を迎えようとしていた。被爆者である三姉妹の生活を撮り続けてきたカメラマンの洲崎はその日、部屋のピアノについて尋ねる。
 それは四女が双子の姉三女の供養のために購入したものだった。あれから55年、ピアノの調べは若かりし四姉妹が暮らしていた頃へ誘っていく――。
 新劇を代表する大塚道子、岩崎加根子、川口敦子が競演する堀江安夫渾身の書き下ろしを、長崎に魅かれ続けてきた袋正が演出する。河原崎次郎、武正忠明等が加わり豪華な出演者が織り成す俳優座ならではのアンサンブルにご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 美術:内山 勉
照明:森脇清治
効果:田村 悳
衣裳:若生 昌
方言指導協力:長崎市民劇場
演出助手:落合真奈美
舞台監督:葛西百合子
制作:山崎菊雄、沖 真裕子
後援:みなと・9条の会

[情報提供] 2010/06/30 13:13 by 演劇制作部

[最終更新] 2010/10/04 09:55 by 演劇制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大