演劇

三角フラスコ#34・15周年記念公演その1

現代戯曲上演シリーズ②

てのひらのさかな

デザイン:城田清弘

0 お気に入りチラシにする

演劇

三角フラスコ#34・15周年記念公演その1

てのひらのさかな

現代戯曲上演シリーズ②

三角フラスコ

エル・パーク仙台 スタジオホール(宮城県)

2010/07/02 (金) ~ 2010/07/06 (火) 公演終了

上演時間:

かながわ戯曲賞最優秀賞作家・中村賢司氏が
自身のカンパニーで上演、
第10回OMS戯曲賞佳作を受賞した作品を仙台初上演します。

----------------------------------------

■現代戯曲上演シリーズ、第2弾
三角フラスコは昨年より現代戯曲上演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/02 (金) ~ 2010/07/06 (火)
劇場 エル・パーク仙台 スタジオホール
出演 瀧原弘子、後藤史織(演劇集団ナトリウムサナトリウム)、白鳥英一(OtoOpresents)、上島奈津子(Shangyu)、小濱昭博
脚本 中村賢司(空の驛舎)
演出 生田恵
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,800円
【発売日】
◎日時
2010年7月2日(金)-6日(火)
2日(金)19:20○
3日(土)14:00、19:20
4日(日)14:00◆
5日(月)14:00■、19:20
6日(火)14:00■※

!ソワレ(夜の回)の開演時間にご注意ください。

開場各20分前
受付(整理券発行・当日券販売)各45分前 

○日本語字幕付き上演(聴覚に障碍のある方も楽しんでいただけます)
◆終演後ポストパフォーマンストークあり:ゲスト:中村賢司
■平日マチネ割引

*上演時間85分(予定)

◎料金
日時指定・全席自由
前売2,300円、当日2,800円 

■平日マチネ割引
前売1.800円、当日2.300円

<三角フラスコWEB予約限定・特別料金>
●ペア割 4,000円
●U-22割 1,000円

※ペア割・U-22割とも、各回申込先着20組(20枚)
※U-22割は公演当日22歳以下の方対象です。
 受付にて年齢の確認できるものをご提示いただきます。


サイト

http://www.frascoweb.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 かながわ戯曲賞最優秀賞作家・中村賢司氏が
自身のカンパニーで上演、
第10回OMS戯曲賞佳作を受賞した作品を仙台初上演します。

----------------------------------------

■現代戯曲上演シリーズ、第2弾
三角フラスコは昨年より現代戯曲上演シリーズをスタートしました。これは全国各地
で上演された優れた戯曲を、生田恵の演出で皆さまにお届けするというものです。同
時代の作家を中心に、特に日本の地域で活躍する劇作家の作品から、仙台では上演さ
れることの少ない、多様な演劇を紹介します。昨年3月に第1弾として上演した「蝶の
やうな私の郷愁」(作・松田正隆)は、たいへん好評をいただきまして、「CoRich!舞
台芸術アワード2009」にて、第9位を頂くことができました。

■「てのひらのさかな」
今回は第2弾として、大阪在住の劇作家、演出家・中村賢司氏の作品を取り上げました。
この作品は2002年に初演され、その翌年、第10回OMS戯曲賞佳作を受賞しています。中
村氏は、かながわ戯曲賞最優秀賞作家でもあり、現在も先鋭的な作品を次々に送り出し
ています。7月4日(日)の上演後には、大阪より中村氏を迎えてのポストパフォーマンス
トークも行います。

■それぞれの切実さが交錯する。休園日の幼稚園。
劇団員の瀧原弘子、小濱昭博にくわえて、今回は客演として、白鳥英一さん、上島奈津
子さん、それから後藤史織さんと、3人の素晴らしい俳優に参加してもらうことがなりま
した。3人ともそれぞれキャリアの長い実力派の俳優さんですが、三角フラスコでは初登
場です。スタッフは舞台監督、菅原玄哉、照明に高橋亜希、音響効果は本儀拓と、私が
信頼する3人を迎えました。三角フラスコによる新たな世界を、ぜひご覧いただけると幸
いです。

三角フラスコ・プロデューサー 森忠治(トライポッド)

----------------------------------------

▼物語
「拍手が少ないんですよ」「休みなく手をたたくと拍手になりますね」「両手がふさがっ
てるから、カメラ構えて」
月曜日、生活発表会「もみじ祭」の翌日。休園日の幼稚園で【せんせい】たちが前日の片
付けで働いている。そこへ園のことを根掘り葉掘りさぐる電話が。園長は「覆面記者が幼
稚園の査定にやってくる」と言うが…。
かわいらしい壁画、小さな机やイスたち、カラフルな積木や遊具を囲む有刺鉄線は、外界
のみならず、内側にも刺を向けている。

▼中村賢司プロフィール
なかむら・けんし:劇作家・演出家
「空の驛舎(そらのえき)」代表。
1992年、「鋼鉄猿廻し一座」を旗揚げ。2001年より、伊丹想流私塾師範を務める。2003年、
「鋼鉄猿廻し一座」解散。同年 10月、「空の驛舎」結成。ヒトとヒトの関わりを大切にし
た劇世界を目指す。
「てのひらのさかな」で第10回OMS戯曲賞佳作、「空の驛舎」で第3回かながわ戯曲賞最優
秀賞、「いちばん露骨な花」で第22回名古屋市文化振興賞戯曲の部佳作を受賞。
2004年から2010年まで、DIVE(大阪現代舞台芸術協会)の理事を務める。
その他注意事項 *未就学児入場不可
スタッフ 【舞台監督】菅原玄哉
【照明】高橋亜希
【音響効果】本儀拓(KIWI SOUND WORKS)

【宣伝美術】城田清弘
【WEB制作】佐々木愛

【プロデューサー】森忠治(トライポッド)

[情報提供] 2010/06/20 15:25 by モリ

[最終更新] 2010/07/13 22:40 by モリ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

上島奈津子

上島奈津子(0)

役者・俳優

出演しました。

モトギ

モトギ(14)

音響効果を担当しています。

モリ

モリ(146)

プロデュースしています。名作舞台を仙台初上演!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大