演劇

新国立劇場

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2007/03/01 (木) ~ 2007/03/18 (日) 公演終了

上演時間:

1941年、“魂の暗闇”へ消えた謎の一日。
日本初演となった2001年、各演劇賞に輝き演劇界の話題をさらった『コペンハーゲン』が、来春待望の再登場を果たします。
第二次世界大戦中の1941年、 二人の物理学者ボーアとハイゼンベルクがナチス占領下のコペンハーゲンで行った“謎の会談”に劇作家マ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/01 (木) ~ 2007/03/18 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 村井国夫、新井純、今井朋彦
脚本 マイケル・フレイン
演出 鵜山仁
料金(1枚あたり) 3,150円 ~ 5,250円
【発売日】2007/01/14
サイト

http://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/10000120.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1941年、“魂の暗闇”へ消えた謎の一日。
日本初演となった2001年、各演劇賞に輝き演劇界の話題をさらった『コペンハーゲン』が、来春待望の再登場を果たします。
第二次世界大戦中の1941年、 二人の物理学者ボーアとハイゼンベルクがナチス占領下のコペンハーゲンで行った“謎の会談”に劇作家マイケル・フレインが迫ります。盗聴器が仕掛けられた過酷な状況下で彼らが交わした会話の真相とは?  「原爆開発」を巡る史実をもとにしながら、 演劇的構成と大胆な推理によって人間の深層心理に深く切り込んでいく、 スリリングで知的興奮に満ちた作品です。
今回はボーア役に新たに村井国夫をむかえ、実力派のスタッフ・キャスト陣により、初演時の興奮をさらに超える舞台となるにちがいありません。是非、ご期待下さい。



ものがたり
1941年ナチス占領下のコペンハーゲンで行われたハイゼンベルク、ボーアとその妻マルグレーテの会話の真相とは? 三人は死後の世界からこの「謎の一日」を再現し、お互いの真意を確認しようとする。しかしお互いの記憶が克明に語られれば語られるほど謎は深まるばかり。やがて謎を解く核心に迫るのだが・・・・・・。
その他注意事項 シアタートーク(3月7日(水)終演後)
出演:鵜山仁ほか
司会:堀尾正明(NHKアナウンサー)
「コペンハーゲン」チケット(半券可)をご提示ください。
スタッフ

[情報提供] 2006/12/13 22:07 by camin

[最終更新] 2010/02/07 21:22 by nashi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大