オペラ

日生劇場

日生劇場(東京都)

2010/11/13 (土) ~ 2010/11/14 (日) 公演終了

上演時間:

1762年、ウィーンで初演された『オルフェオとエウリディーチェ』はそれまでの、内容に乏しく声の競演に偏っていたオペラに音楽とドラマの融合を図ることで新たな生命を与えた斬新な作品でした。
後にワーグナーやベルリオーズにも大きな影響を与え、フランス語によるベルリオーズ版も存在します。
今回の上...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/11/13 (土) ~ 2010/11/14 (日)
劇場 日生劇場
出演 手嶋眞佐子 、宮本益光、佐藤路子、津山恵、佐藤優子、西山友里恵、ほか
作曲 C.W.グルック
演出 高島勲
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 13,000円
【発売日】
S席¥13,000- A席¥11,000- B席¥9,000- C席¥7,000- D席¥5,000-
サイト

http://www.nissaytheatre.or.jp/opera/2010/orfeo-ed-euridice/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1762年、ウィーンで初演された『オルフェオとエウリディーチェ』はそれまでの、内容に乏しく声の競演に偏っていたオペラに音楽とドラマの融合を図ることで新たな生命を与えた斬新な作品でした。
後にワーグナーやベルリオーズにも大きな影響を与え、フランス語によるベルリオーズ版も存在します。
今回の上演に当たって、振付はクラシックからヒップホップまでを手がける広崎うらん、美術はヨーロッパで活躍しているヘニング・フォン・ギールケ、そして★2004年『後宮よりの逃走』 ★2006年『利口な女狐の物語』で好評を博した指揮の広上淳一と演出の高島勲が三度タッグを組んで挑みます。
その他注意事項 未就学児童入場不可。
スタッフ 台本:ラニエリ・デ・カルツァビージ
指揮:広上淳一
美術:ヘニング・フォン・ギールケ  
振付:広崎うらん

[情報提供] 2010/06/04 14:13 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/04 14:15 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大