演劇

アセンションシリーズ第2弾

「アセンション・ミロク」

この世の真実がここにある

演劇ユニット トレランス

あうるすぽっと(東京都)

2010/07/07 (水) ~ 2010/07/13 (火) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

「アセンション・ミロク」

 昭和26年、敗戦国日本はまだ占領国家であった。文化財保護委員会の国宝選定にてGHQは奈良の大仏を国宝第一号に推したが、仏師、秋元又市は『ある存在』からの天啓を受け、たった124センチの光背(こうはい)も後光(ごこう)もない素朴な弥勒菩薩半跏思(みろくぼさつはん...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/07/07 (水) ~ 2010/07/13 (火)
劇場 あうるすぽっと
出演 上杉祥三、長野里美、岡森諦、平野勲人、高木稟、篠山美咲、太宰美緒
脚本 上杉祥三
演出 上杉祥三
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,800円
【発売日】2010/06/01
前売 4,500円
当日 4,800円
サイト

http://members3.jcom.home.ne.jp/tolerance2002/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「アセンション・ミロク」

 昭和26年、敗戦国日本はまだ占領国家であった。文化財保護委員会の国宝選定にてGHQは奈良の大仏を国宝第一号に推したが、仏師、秋元又市は『ある存在』からの天啓を受け、たった124センチの光背(こうはい)も後光(ごこう)もない素朴な弥勒菩薩半跏思(みろくぼさつはんかし)惟像(いぞう)を、どうしても国宝第一号にしなければならないと熱弁した。
「かつて聖徳太子がこの弥勒を祈願して隋の圧力を退けたように、国が滅びた今こそ祈願すれば日本は必ず復興する」と。
委員会は又市の意向を受け入れ、弥勒菩薩を国宝第一号に認定した。
翌年、日本は晴れて独立国家となる。しかしまもなく又市は謎の何者かに暗殺された。
 
日本は又市の予言通り、20年後、世界第2位の経済大国となった。

 時は経て平成22年、大手旅行会社で突然リストラを言い渡された吉川幸也は、失意の底で『ある存在』からの声を聞く。
 「落胆するな。起こることはすべてあの世でお前が決めたことだ」
それは、60年前まさに又市に降りたあの『存在』からの天啓だった。
 おびえる幸也。そこに見知らぬ女からの電話で、秘密結社「アセンション・ミロク」の存在を知らされる。一年前に急死した幸也の直属の部下、鮫島も入っていたというのだ。

 秘密結社とは?鮫島の死の秘密とは?そして『ある存在』とは…?!
謎の先に幸也が辿り着く真実は、誰もが知りえないこの世のからくりだった!
その他注意事項
スタッフ 美術 箕田英二
照明 大村真一
音響 古川直幸
舞台監督  高木啓吾
演出助手  姫野恵二
制作  J-Stage Navi 島田敦子、早川あゆ

[情報提供] 2010/05/18 19:21 by sat*mit*le

[最終更新] 2010/07/16 14:24 by sat*mit*le

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大