演劇

チェーホフ生誕150年  劇団旅藝人 公演  

テネシーウィリアムズとチェーホフの作品より

演劇

チェーホフ生誕150年  劇団旅藝人 公演  

風変わりなロマンス / 悲しみ

テネシーウィリアムズとチェーホフの作品より

劇團旅藝人

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2010/06/24 (木) ~ 2010/06/27 (日) 公演終了

上演時間:

【悲しみ】
『悲しみ』は、若き日のチェーホフがある老人の姿を描いた短編小説だ。
豪雪の中、病気の女房を病院に運ぶため老人は無我夢中で橇を走らせる。
白い闇に目をくらませながらも、そのとき初めて自分と女房のこれまでを想う。
物語に流れる疾走感と共に、老人はどこへ向かっていくのか。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/06/24 (木) ~ 2010/06/27 (日)
劇場 シアターグリーン BASE THEATER
出演 横尾香代子、関根好香、小笠原游大、志賀聖子、清水理沙、田邊佳祐、久野壱弘、山下夕佳、中山真、嶋隆静、石坂重二
脚本 前嶋のの
演出 前嶋のの、嶋隆静
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2010/05/25
前売り:3200円
当日:3500円
学生:2500円
サイト

http://www.geocities.jp/office_shima_00/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【悲しみ】
『悲しみ』は、若き日のチェーホフがある老人の姿を描いた短編小説だ。
豪雪の中、病気の女房を病院に運ぶため老人は無我夢中で橇を走らせる。
白い闇に目をくらませながらも、そのとき初めて自分と女房のこれまでを想う。
物語に流れる疾走感と共に、老人はどこへ向かっていくのか。

今回作品の舞台化にあたり5 人のコロスの存在を置いた。彼らは様々な要素になり、老人の影になりながら、物語を語り、動き、歌う。
老人とコロス、そして女房。それぞれのリズムが絡み合う『悲しみ』をどうぞご期待下さい。

【風変わりなロマンス】
「欲望という名の電車」
「ガラスの動物園」
「やけたトタン屋根の上の猫」
は、おおくの人に知られていますが、
それらの戯曲の元とも言われる初期の作品群には、あまりお目にかかることがなかったのでは。
数ある一幕劇のどれもそうだが、この「風変りなロマンス」も、人(周囲の)の言葉や態度が、どんなに心情を揺り動かし、場合によっては生き方さえ左右してしまいかねないのだと教えてくれる。

だがしかし、それだけでもなかった・・・



*公演チラシより抜粋

その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2010/05/18 00:55 by ダイちゃん

[最終更新] 2010/07/23 23:30 by ダイちゃん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ダイちゃん

ダイちゃん(0)

良質な小作品をふたつお送りします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大