演劇

MITAKA“Next”selection 11th 参加

コマツ企画秋のメロドラマ

よわいもんいじめ

デザイン:成川知也

0 お気に入りチラシにする

演劇

MITAKA“Next”selection 11th 参加

よわいもんいじめ

コマツ企画秋のメロドラマ

コマツきかく

三鷹市芸術文化センター 星のホール(東京都)

2010/09/10 (金) ~ 2010/09/20 (月) 公演終了

休演日:9/13(月)

上演時間:

ちょっと昔の有名騒動をモチーフに、ちょっと昔の「女を演じる」女たちを描いています。

女の夜の世界、マスコミの過熱報道、親と娘の行き違い。

ちょっと昔のあのノリはなんだったんだろうとか、
こういう女の歴史もあったのかと

ちょっと昔を
想いだしたり想像したり

振り返って...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/09/10 (金) ~ 2010/09/20 (月)
劇場 三鷹市芸術文化センター 星のホール
出演 中川鳶、本井博之、川島潤哉、柿丸美智恵(毛皮族)、玉置玲央(柿喰う客)、幸田尚子(クロムモリブデン)、佐野功、近藤美月、満間昂平(犬と串)、東谷英人、宍戸香那恵(ユニークポイント)、斎藤加奈子(ろりえ)
脚本 小松美睦瑠
演出 小松美睦瑠
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,200円
【発売日】2010/07/30
前売:一般3,000円/三鷹市芸術文化振興財団友の会会員2,700円
当日:一般3,200円/三鷹市芸術文化振興財団友の会会員2,800円
高校生以下:前売、当日とも1,000円
サイト

http://komatsukikaku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ちょっと昔の有名騒動をモチーフに、ちょっと昔の「女を演じる」女たちを描いています。

女の夜の世界、マスコミの過熱報道、親と娘の行き違い。

ちょっと昔のあのノリはなんだったんだろうとか、
こういう女の歴史もあったのかと

ちょっと昔を
想いだしたり想像したり

振り返って
いただきたい。

*****

1970年代もおわり、私には居場所がなかった。
同じように居場所がない仲間がいた。私たちは一緒に居場所を探した。
ただそれだけなんだけど、やっぱりそれが大騒ぎになった。

人にはよわいもんをいじめる習性があるから。
よわいもんをいじめてるなんて自覚はない。そう、自覚はない。
コソコソすればタタく。逃げればタタく。逃げおくれたヤツをタタく。
学歴がなければタタく。威厳が無ければタタく。
女ならタタく。若ければタタく。そう、自覚はないんだ。
その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】藤田有紀彦
【舞台美術】泉 真
【音響】志水れいこ
【音響操作】高橋真衣
【照明】工藤雅弘(Fantasista? ish.)
【衣装】飯田浩幸
【制作】安田裕美

[情報提供] 2010/05/17 21:31 by ごんざ

[最終更新] 2010/09/25 11:08 by えノき

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

えノき

えノき(0)

その他(スタッフ)

ぜひ、ご覧ください!

小松ミムル

小松ミムル(16)

今回は作演に徹しているのです。無我夢中なのです。

yasumin

yasumin(0)

受付にいます

このページのQRコードです。

拡大