憂鬱な午後 公演情報 憂鬱な午後」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 2.4
1-10件 / 10件中
  • 満足度★★★★

    いやいやいやいや・・・
    よかったです。
    面白かったです。

    ネタバレBOX

    正直なところ・・・

    観劇する前にこちらでの評価を見てしまい、非常に不安でした。

    なにしろ、
    のきなみ評価が低い。

    そうなるともう劇場に運ぶ足は非常に重く、さぞかし憂鬱な午後になってしまうんだろうな・・・とどうしようもなく悲痛な気持ちになっていました。

    ところが実際に観てみるとなかなかにおもしろく、ともすれば寝てしまうのでは?と、事前に抱いていたような心配もなく、最後まで飽きることなく観続けることができました。

    ちょこちょこ笑わせてもらいましたし、最後のオチにもいろんな意味でやられた感じでした。

    なにしろ充分におもしろかったです。

  • 満足度

    B級の館ホラーでした
    せっかく、いろいろな登場人物出してるのに。
    まとめて2~3人づつ消失させてしまって、もったいない!
    けっこう楽しいキャクター作っていたのにねぇ。
    設定が生かしきれていない感が、否めませんでした。

    ネタバレBOX

    ”みさ”さんと同意見です。せっかく通路に置いた座席は荷物置きにするわ、
    テーブル出して酒・つまみ食ってるわ。
    予約席は、そんなに権限強いのだろうか?どうしたスタッフ!

    芝居に関しても、もっと心理戦仕掛けあったり。
    極限状態に置かれた人間達の群集心理などを表現したりして欲しかった。

    オチに関しても、本になる。と神と紙のギャグなども笑えたが。
    本を落とす演出が上手だったので。
    最後に残った男が、本になるとわかって暗転してお・し・ま・い。
    でなくて、明るくなって誰もいなくなった舞台をしばらく観客に見せてから、
    本を天井から落として、ゆっくり暗転して終劇。
    とした方が締まったと思いますね。(友人のアイデアです)

    なんか本当に設定が生かし切れていませんでしたね。
    残念です。


  • 満足度

    憂鬱でした
    何がやりたいのか、ほとんどの役者さんの力が無さ過ぎてわかりません。

  • 満足度★★★

    ホラーというなら、
    客間の外の様子が見たかったですね。

    ネタバレBOX

    古書にまつわる噂はどのようにして伝承されるのか?最後の展開は面白かったですが、本がインターネットをするんですかね(w)。

    部屋の外へ何か調べに行って、そのまま登場しなくなるなんて役者さんにも可哀そう!

    ホラーなのに暗転も無し、地下室の様子が変化したなどの異常現象も言葉で説明するだけでは怖くありません。

    色々な地方から集まったオフ会とはいえ、大阪弁くらいは分かりますが、誰が何弁かなんてそんなの分かりませんよ!
  • 満足度★★★

    長く感じた
    近く座席に座ったバカップルが開演前も開演してからも「氷結ZERO]と「いなり寿司」なんか喰ってる。ワタクシだって・・お腹減っちゃうじゃん!!!・・でもって座席にオツムの軽そうなオンナのバッグを置いちゃって堂々としてるww。常識のない観客もたまには居てるので、スタッフはちゃ~~んと注意したほうがいいと思う。客入れはダラダラと下手でした。

    以下はネタばれBOXにて。。

    ネタバレBOX

    「憂鬱な午後」という本の原本を見るオフ会に集まった14人。本の表紙と同じオカルト的な内装の館で一人ずつ神隠しにあってしまう。残された数人は自分達もかき消されてしまうのではないか・・、と疑心暗鬼になってびびりまくる。そのうち本の中身が白紙だったにも拘らず、いつの間にか、文字が浮かび上がり物語が始まってしまう。

    その内容は、「憂鬱は人間のみの感情だから、憂鬱を失くす為には人間を辞めて、森の中で息づく動物となり、最後のたった一人が不死神として残る」といった筋。

    何らかの救いを求めて集まった彼らは森の動物になってしまう恐怖と戦いながらも、ケムンパスネタは笑えたし、面白かった。しかし、これ以外ももっと笑いのネタは欲しいところ。物語が全体的に単調で、しかも、それほどホラーでもコメディというほどでもないものだから、90分が長く感じる。

    キャストらは怯えた風に演技してはいるのだが、一方でこちら側の観客は冷め切ってしまっていた。音楽の導入も全くなく、オドロオドロしい演出もそれほどない。もっと、大きな音や雷のシーンや、照明で工夫したらオカルト感が演出できたように思う。

    結局薬局、神になりたかったという最後に残った一人は当たりくじを引いたかのように思えたが、「憂鬱な午後」を伝える本になってしまったというオチ。
    欲張りすぎて一番、悪いクジをひいたという、黄門さまのような最後!笑

  • 満足度★★★★

    ナノグラム版そして誰もいなくなった
    古書にまつわるミステリアスなストーリー。天井から古書が落ちてくる演出には驚き。そして

    ネタバレBOX

    神になるのではなく紙になる(本になる)という結末。これは評価がわかれるでしょうね。私はいいオチだと思いましたが。
  • 満足度★★

    残念
    怖さも笑いも中途半端で、物語自体も回収されないまま終わってしまった感じでした。
    せっかく14人も出ているのに、半分以上の人は中盤までには消えてしまうのが残念。
    極限状態に置かれたときに表れる、心の闇みたいな怖さをもっと前面に出すと面白くなると思いました。

  • 満足度★★

    前半は良かったけれど
    後半は。。。時間が長く感じました。

  • 満足度★★★

    冒険したな
    これまでの作品と較べて冒険した観のあるストーリー展開でした。
    個性的な登場人物のキャラクターが活きてこない本当に謎な展開でもありました。
    賛否両論を受け止める考えで、演出家のこだわりがあったのではないでしょうか?

  • 満足度

    う~~ん。
    初日にもかかわらず、演技陣の台詞回しはとても滑らかで、良かったと思います。しかしながら、ストーリー展開が、ん~~………。誠に残念なのですが、90分が長く感じられてしまいました。

このページのQRコードです。

拡大