演劇

劇団扉座  扉座人情噺

B神崎与五郎 東下り

劇団扉座

座・高円寺1(東京都)

他劇場あり:

2010/05/19 (水) ~ 2010/05/30 (日) 公演終了

休演日:5/24

上演時間:

赤穂の浪人、神崎与五郎は、大石内蔵助の内命を帯びて、京から江戸へ向かった。
やがてさしかかる箱根の山の、とある茶屋で休んでいるところに、
峠の馬方・丑五郎というならず者に言いがかりをつけられる。
しかし討ち入りという大事を前に、与五郎は我慢を重ねて恥辱を受けたまま去る。
後日、それが義...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/19 (水) ~ 2010/05/30 (日)
劇場 座・高円寺1
出演 市川笑也(歌舞伎俳優)、岡森諦、六角精児、中原三千代、犬飼淳治、高橋麻理、鈴木利典、鈴木里沙、新原武、江原由夏
脚本 横内謙介
演出 横内謙介
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,200円
【発売日】2010/04/11
<全席指定・税込>
前売・当日共4200円/
学生券3000円(扉座でのみ取り扱います。当日学生証をご持参ください。)

サイト

http://www.tobiraza.co.jp/stage/kouen/201005_kanzaki/kanzaki_1005.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 赤穂の浪人、神崎与五郎は、大石内蔵助の内命を帯びて、京から江戸へ向かった。
やがてさしかかる箱根の山の、とある茶屋で休んでいるところに、
峠の馬方・丑五郎というならず者に言いがかりをつけられる。
しかし討ち入りという大事を前に、与五郎は我慢を重ねて恥辱を受けたまま去る。
後日、それが義士の一人であったと知った丑五郎は、深い後悔に泣き伏したのだった……。

……という講談や浪曲でお馴染みの忠臣蔵のエピソードを
“笑いと涙”満載で扉座新作人情芝居に仕立てておおくりいたします。

その他注意事項 ※未就学のお子様はご入場いただけません。
スタッフ

[情報提供] 2010/04/10 22:02 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/06/01 21:03 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大