演劇

劇団こふく劇場第12回公演(第4回福岡演劇フェスティバル選考委員推薦枠参加作品)

演劇

劇団こふく劇場第12回公演(第4回福岡演劇フェスティバル選考委員推薦枠参加作品)

水をめぐる

劇団こふく劇場

西鉄ホール(福岡県)

2010/04/29 (木) ~ 2010/04/29 (木) 公演終了

上演時間:



はじめ、そこには水があった……


あるところに小さな泉がありました。
水を求めて
どこかおかしな人たちがそこにはやってきます。
「燃える水」とやらを探してる男、必死に体を洗う女
盲目らしき少女、泉の水を飲んで若返ったという女
………

「こんにちは」「こんにちは」...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/04/29 (木) ~ 2010/04/29 (木)
劇場 西鉄ホール
出演 あべゆう、かみもと千春、濱砂崇浩、玉利美緒
脚本 永山智行
演出 永山智行
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】2010/03/01
一般2,500円(当日3,000円)
学生1,500円(当日2,000円)
サイト

http://www.cofuku.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明

はじめ、そこには水があった……


あるところに小さな泉がありました。
水を求めて
どこかおかしな人たちがそこにはやってきます。
「燃える水」とやらを探してる男、必死に体を洗う女
盲目らしき少女、泉の水を飲んで若返ったという女
………

「こんにちは」「こんにちは」
「さようなら」「さようなら」
そんな風に出会い、別れていく人々の風景が
そこにはあったのでした…

簡素な舞台空間。4人だけの出演者。俳優による演奏。生活言語イントネーション。
狂言や落語、神楽など、伝統的な「笑い」の芸能を手がかりにした、独特の様式。
「役者は登場と退場の際、必ずへっぴり腰になって両手を斜め後ろに突き出し、床を踏み鳴らして舞台の周囲を巡る。(中略)その型にはまった動きの繰り返しが芝居をぐいぐい動かしていく。役者もどんどん輝き出す。」(毎日新聞評)
「水をめぐる」おかしな人間たちの姿を描いた寓話。
2008年初演の好評の代表作がいよいよ福岡に初登場します。
その他注意事項
スタッフ 照明=工藤真一(ユニークブレーン) 音響=日高充美
美術=濱砂崇浩 衣裳=阿部由 音楽=かみもと千春

[情報提供] 2010/03/15 19:21 by 劇団こふく劇場 制作スタッフ

[最終更新] 2010/06/06 16:15 by 劇団こふく劇場 制作スタッフ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大