演劇

第四回公演

マーブル、お風呂

デザイン:立花英久(burner bros.)

0 お気に入りチラシにする

演劇

第四回公演

マーブル、お風呂

とりととら

C.A.Factory(東京都)

2010/05/14 (金) ~ 2010/05/16 (日) 公演終了

上演時間:

お風呂に入ろうと脱衣した時、自分の裸の体をまじまじと見た。
私、こんな膝の色だったっけ?
こんなに太もも、太かったっけ?
腕のホクロ、少し大きくなったような気がする・・・。
どうやら私の体は、私を置いてどこかに進んでいるようだ。

私たちは生まれてきたときからずっと何かに後押しされ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/05/14 (金) ~ 2010/05/16 (日)
劇場 C.A.Factory
出演 大数みほ、大谷幸広、松下岳志、※都合により一部キャストに変更がございます。
脚本 玉邑浩二
演出 玉邑浩二
料金(1枚あたり) ~ 2,000円
【発売日】2010/04/15
当日精算
前売り・当日共に2000円(日時指定・全席自由席)
サイト

http://www.geocities.jp/toritotorahp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 お風呂に入ろうと脱衣した時、自分の裸の体をまじまじと見た。
私、こんな膝の色だったっけ?
こんなに太もも、太かったっけ?
腕のホクロ、少し大きくなったような気がする・・・。
どうやら私の体は、私を置いてどこかに進んでいるようだ。

私たちは生まれてきたときからずっと何かに後押しされて確実に進んでいるらしい。
私はその速さについていくのがしんどくて、ダダばかりこねてしまう。
そんなとき、体は私の全てを知っているから、私に「進むしかないよ」と教えてくれる。
私は自分の全てはわからないから、その言葉に迷って考える。
けれど悲しいかな、そうして迷って考える私は、
どこかでもう、「進むしかない」ことをちゃんと知っている。



これは、女がある男を好きになるのですが、ある男は、男を好きなので女と付き合えず、女が悲しい話です。
その他注意事項 ※受付開始・開場は開演の20分前
※未就学児童のご入場はご遠慮ください
スタッフ 舞台監督:玉邑浩二
美術:森聖一郎
宣伝美術:立花英久 飛田美紀(burner bros.)
制作:玉邑浩二 佐藤美穂
当日運営:保坂麻里恵
企画:とりととら
協力:ラビット番長 JTAN

[情報提供] 2010/03/08 23:13 by berurin

[最終更新] 2010/05/19 21:32 by berurin

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

おおかず

おおかず(2)

出たりしてます。

berurin

berurin(3)

作・演です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大